Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻1第9話 舎利弗与外道術競語 第九

今昔、釈迦如来の御弟子舎利弗尊者は、本外道の子也。其の母、舎利弗を孕めるに、腹の中にて智恵有て、母が腹を破て出なむとす。是に依て、母、鉄を以て帯とせり。生れて名を舎利弗と云ふ。

長爪梵志と云ふ外道に随て、其の典籍を習へり。其の時に、仏の御弟子、馬勝比丘、の四諦の法を説を聞て、外道の門徒を背て、釈迦の御弟子と成て、初果を得たり。其の後、仏の許に参て、七日と云ふに、阿羅漢果を得たり。

其の時に、大智外道・神通外道・韋随外道を首として、若干の外道等、心を一にして、舎利弗を嫉妬する事限無し。舎利弗に会て、秘術を相競べむ事を謀ごつ。既に日を定めて、勝負の謀を成す。此の事、十六の大国に皆な聞えぬ。見物、市を成す。上中下人、残る事無し。

勝軍王と申す大王の前にして、此れを競ぶ。舎利弗は只一人居給へり。外道は其の数無量也。左右に相対て座して、術を現ず。先づ、外道の方に、舎利弗の頭の上に大なる樹を現じて、其の頭を打ち砕かむとす。舎利弗の方より、毗嵐と云風を出て、樹を遥に遠く吹捨つ。次に、外道の方より、洪水を現じたり。舎利弗の方より、大象出来て、須臾に吸ひ干しつ。次に、外道の方より、大山現じたり。舎利弗の方より、力士出来て、拳を以て打ち摧つ。次に、外道の方より、青竜を現ぜり。舎利弗の方より、金翅鳥出来て、遥に遠く追ひ却つ。次に、外道の方より、大なる牛を現ぜり。舎利弗の方より、師子出来て、更に寄せず。次に、外道の方より、大夜叉を現ぜり。舎利弗の方より、毘沙門出御(いでおはしま)して、降伏し給つ。

かく様にして、終に外道負けて、舎利弗勝ち給ぬれば、釈迦の面目・法力の貴く勇猛なる事、此より弥よ五天竺に風聞しぬ。

其の後、多(あまた)の外道、舎利弗尊者に随ひて、永く仏の道を貴びけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku1-9.txt · 最終更新: 2016/04/08 02:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa