Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻1第37話 財徳長者幼子称仏遁難語 第卅七

今昔、天竺に財徳長者と云ふ人有り。一人の幼き愛子有り。常に此れを教へて、「南無仏」と云ふ事を称せしむ。小児、教へに随て、常に「南無仏」と称す。若は寒き時なれども、若は熱き時なれども、若は心に憂へ有る時なれども、若は心に喜び有る時なれども、忘るる事無く、常に「南無仏」と称す。

而るに、或る日、此の児、数(しば)し臥たる程に、忽に鬼神、空より下り来て、小児を取て噉(く)はむとす。其の時に、小児、「南無仏」と称す。其の音、忽ちに祇薗精舎に聞ゆ。

仏、須臾の間に其所に来給て、小児を加護して、鬼神に許し給はずして宣はく、「法の外護者、来れ」と。其の時に、十方無尽の執金剛神来て、鬼神を降伏して、神呪を説く。此れに依て、鬼神誓て云く、「我も此より後、仏法の外護者と成て、此の人を護らむ」と云へり。

然れば、「南無仏」と申す事は輙き語なれども、正く仏の護り給ふ事也けり。然ば、人、専に仏の御名を称すべしとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku1-37.txt · 最終更新: 2016/05/07 11:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa