Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻1第36話 舎衛城婆羅門一匝遶仏語 第卅六

今昔、仏1)、舎衛城に入て乞食し給ふ。

其の時に、城の中に一の2)婆羅門有て、外より来る間、仏を見奉るに、仏、光明を放て、魏々として在ます。婆羅門、此れを見奉て歓喜して、仏を一匝遶(いちどめぐり)て礼拝して去ぬ。

其の時に、仏、微咲して、阿難に告て宣はく、「此の婆羅門、我を見て、歓喜して、清浄の心を以て、仏を一匝遶れり。此の功徳を以て、此より後、廿五劫の間、三悪道に堕ちずして、天上人中に生れて、常に楽を受けむ。廿五劫の後は、辟支仏と成て、名をば持儭那祇利と云べし」と説給けり。

然れば、此れを以て知るに、若し人有て、仏及び塔を遶ごとに、五種の徳を得べし。一には生れむ所に常に端正ならむ、二には生れむ所に常に妙声ならむ、三には常に天上に生れむ、四には常の王家に生れむ、五には涅槃を得む。

然れば、仏を遶り塔を遶こと、輙き事なれども、其の功徳限無し。専に心を至して、を仏を遶ぐり奉るべしとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
2)
底本頭注「一ノ一本一人ノニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku1-36.txt · 最終更新: 2016/05/07 01:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa