Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻1第34話 長者家牛乳供養仏語 第卅四

今昔、天竺に一人の長者有り。貪欲邪見にして、敢て人に物を施す心無し。年九十有余にして、既に死なむとする時、近付きにけり。

1)、慈悲を以て、彼を教化せむが為に、其の門に三年立給へり。而るに、長者、邪見翻(かへ)る事無くして、人を以て、或は杖木(つゑ)を取しめ、或は瓦石を拾しめて、仏を打ち追しめ奉ぬ。此の如き、日々に打ち追ひ奉ると云へども、仏、尚門に立給へり。長者、弥よ瞋恚を発して、遥に遠く追ひ遣り奉りつ。然而(しかれども)、尚門に立給へり。此の如くして、三年を経たり。

然る間、長者の家に、五百頭の牛有り。朝に追出し、暮に追入る。其の母牛の思はく、「我が主、邪見放逸にして、仏を供養し奉らず。我が腹に子を懐妊せり。産出して後、乳を供養し奉らむ」と思ふ。

既に子を生り。其の後、「乳を供養し奉らむ」と思て、出る間に、牛飼に追迷はされて、供養し奉らず。牛の思はく、「我れ、返らむ時に、相構へて、供養し奉らむ」と思て返る時に、仏の御前に歩み至て、立留るに、又追はれて供養し奉る事能はず。

三日と云ふ夜の暁に、牛の思はく、「我れ、畜生の道に堕て、堪へ難き苦患に預れる事、皆先の世に施の心無きに依て也。此の度、尚仏を供養し奉て、畜生の杖捶の苦を離れて、菩薩の道を修せむ」と、五百頭の牛に具せずして、前に進み出て、仏の御許に詣で至て、自ら乳を供養し奉て云く、「我れ、仏に乳を供養し奉る。今少し残せるは、我が子の為也」と。仏、鉢を預け給て、乳を受給ふ。其の時に、子の牛、側に立て云く、「我れは草を食せむ。乳をば速に仏に供養し奉れ」と云て、萱の中に隠れ伏しぬ。

仏の宣はく、「此の牛、此の功徳を以て、天に生るべし」と説き給ひけり。又、其より後、仏に乳をば供養し奉ける也けりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku1-34.txt · 最終更新: 2016/05/06 21:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa