Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻1第33話 貧女仏供養糸語 第卅三

今昔、天竺に一人の貧女有り。日々に家を出て、人に駈(つか)はるるを以て役とす。朝には出て、暮には返る。定る事也。

而るに、仏1)、其の側に在す。女、仏を見奉て、暮に家に返る度毎に、糸を一の枝に懸て、仏に供養し奉る。

其の時に、仏、此の女に問て宣はく、「汝、何の故有て、此の糸を以て、我れを供養するぞ。若し、思ひ願ふ事有らば、速に申すべし」と。女、答て申さく、「願くは、我れ、此の糸も以て、十方三世の諸仏の説き給ふ所の法文を皆束て、我が所に持し奉らむ。其れを皆読誦し奉て、其の功徳を以て、我れ遂に仏に成て、一切の衆生を利益せむと思ふ」と。

仏、此れを聞き給て、讃歎して、「善哉、々々」と宣て、授記し給ふ。「汝ぢ、此の如き思て、我れを供養せる功徳に依て、未来世に仏と成るべし。名をば善事如来と申すべし。願ん如く、一切衆生を利益せむ」と説き給ひけり。

女、当来の記別を聞て、歓喜して、家に返りにけりとなむ語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku1-33.txt · 最終更新: 2016/05/04 22:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa