Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻1第28話 婆羅門依酔不意出家語 第廿八

今昔、天竺に一人の婆羅門有けり。酒に酔て、仏1)の祇薗精舎に在す所に詣ぬ。酔に依て、本の心忘れぬ。仏に白して言さく、「自ら出家せむ」と。仏、阿難を以て、出家せしめ給ひつ。

其の後、婆羅門、酔覚て、我が身を見れば、既に髪を剃り、法衣を着せり。其の時に、奇異の思を成して、驚き怪むで、走り去ぬ。

其の後、御弟子等、仏に問ひ奉て云く、「何の故有てか、此の婆羅門、驚て走り去ぞ」と。仏、答て宣はく、「此の人は、無量劫の中に、更に出家の心無し。而るに、今、酒に酔て本の心無きが故に、出家して法衣を着せり。酔覚て後、驚て走り去也。但し、此の出家に依て、後に道果を証すべし」と。

仏、酒を誡しめ給と云へども、此の婆羅門の為には、酔て此く出家せるに依て、酒を免し給けりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku1-28.txt · 最終更新: 2016/05/01 13:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa