Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻1第2話 釈迦如来人界生給語 第二

今昔、釈迦如来の御母摩耶夫人、父の善覚長者と共に、春の始、二月の八日、嵐毗尼薗の無憂樹下に行給ふ。夫人、薗に至り給て、宝の車より下て、先づ種々の目出たき瓔珞を以て身を飾給て、無憂樹下に進み至り給ふ。夫人の共に従へる綵女、八万四千人也。其の乗る車、十万也。大臣・公卿及び百官、皆様々に仕へり。

其の樹の様は、上より下まで等しくして、葉しだりて枝に垂敷けり。半は緑也。半は青し。其の色の照曜ける事、孔雀の頸の如し。夫人、樹の前に至1)給て、右手を挙て樹の枝を曳取むと為る時に、右の脇より太子生れ給ふ。大に光を放給ふ。

其の時に、諸の天人・魔・梵・沙門・婆羅門等、皆悉く樹の下に充ち満てり。太子、已に生れ給ひぬれば、天人、人手を係け奉て、四方に各七歩を行ぜさせ奉る。足を挙げ給ふに、蓮華生(おひ)て、足を受け奉る。南に七歩行ては、無量の衆生の為めに、上福田と成る事を示し、西に七歩行ては、生を尽して永く老・死を立つ最後の身を示す。北に七歩行ては、諸の生死を渡る事を示す。東に七歩行ては、衆生を導く首と成る事を示す。四の維(すみ)に七歩行ては、種々の煩悩を断じて仏を成る事を示す。上に七歩行ては、不浄の者の為に穢れざる事を示す。下に七歩行ては、法の雨を降して、地獄の火を滅して、彼の衆生に安穏の楽を受けしむる事を示す。

太子、各七歩を行じ畢(はて)て、頌を説て宣はく、

  我生胎分尽。是最末後身。我已得漏尽。当復度衆生。

行ずる事の七歩なる事は、七覚の心を表す。蓮華の地より生ずる事は、地神の化する所也。

其の時に、四天王の繒(かとり)を以て、太子を接奉(いだきまつり)て、宝の机の上に置奉る。帝釈は宝蓋2)を取り、梵王は白払を取て左右に候ふ。難陀・跋難陀の竜王は、虚空の中にして、清浄の水を吐て、太子の御身に浴し奉る。一度は温に、一度は凉し。御身は金の色にして三十二の相在ます。大に光明を放て、普く三千大千世界を照し給ふ。天竜八部は、虚空の中にして天楽を成す。天より天衣及び瓔珞、乱れ落る事雨の如し。

其の時に大臣有り。摩訶那摩と云ふ。大王の御許に参て、太子生れ給へる事を奏聞し、又種々の希有の事を啓す。

大王、驚乍ら、彼の薗に行幸し給ふ時に、一人の女有て、大王の来り給へるを見て、薗の内に入て、太子を懐奉(いだきまつり)て、大王の御許に将奉(ゐてまつり)て3)云く、「太子、今、父の王を敬礼し給ふべし」と。王の宣はく、「先づ、我が師の婆羅門を礼して後に我を見よ」と。其の時に、女人、太子を懐て、婆羅門の許に将奉る。婆羅門、太子を見奉て、大王に申さく、「此の太子は必ず転輪聖王と成給べし」と。

大王、太子を具し奉りて迦毗羅城に入給ふ。其の城を去る事遠からずして、一の天神有り。名をば増長と云ふ。其の社には、諸の釈種、常に詣て礼拝して、心に称(かな)はむ事を乞願ふ社也。大王、太子を彼の天神の社に将詣(ゐてまう)で給て、諸の大臣に告て宣はく、「我れ、今、太子に此の天神を礼(をがま)しむべし」と。乳母、太子を懐奉て、天神の前に詣づる時に、一の女天神有り。名をば無畏と云ふ。其の堂より下て、太子を迎奉て、掌を合せ恭敬して、太子の御足を頂礼して、乳母に語て云く、「此の太子は人に勝れ給へり。努々(ゆめゆめ)軽め奉る事無かれ。又、太子に我を礼せ奉る事無かれ。我れ、太子を礼し奉るべし」と。

其の後、大王、并太子夫人、城に返入給ひぬ。摩耶夫人は太子生れ給て後、七日有て失給ひにけり。然(さ)れば、大王より始め、国挙て歎き合へる事限無し。太子、未だ幼稚に御(おはし)ます間にて、「誰か養ひ奉らむ」と、大王思(おぼ)し歎く。

夫人の父、善覚長者、八人の娘有り。其の第八の娘を摩迦波闍4)と云ふ。其の人を以て太子を養ひ給ふ。実の母に異らず。太子の御夷母(をば)に御す。太子の御名をば悉駄と申す。摩耶夫人は失給て、忉利天に生れ給ひにけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「至諸本立ニ作ル」
2)
「蓋」底本異体字、「葢」
3)
底本頭注「将ノ下一本行字アリ下同ジ」
4)
摩訶波闍波提
text/k_konjaku/k_konjaku1-2.txt · 最終更新: 2016/04/19 17:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa