Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻1第15話 提何長者子自然太子語 第十五

今昔、天竺に提何長者と云ふ人有けり。夫妻共に年老たり。一人の子無し。妻に語て云く、「天上・人間には子有る人を富人とす。子無き人をば、劇(いたまし)き事とす。我れ、年老に臨て、子無し。されば、樹神に祈るべし」と云て祈る間、妻、既に懐妊しぬ。長者、喜ぶ事限無し。

其の時に、舎利弗、長者の許に来給へり。長者、舎利弗に問て云く、「此の孕める子、男か女か何ぞ」と。舎利弗、答て云く、「男也」と。此れを聞て、彼の長者、弥よ喜て、急に詠じ、伎楽を調て、遊戯する事限無し。

其の時に、六師外道と云ふ者、長者の許に来れり。長者に問て曰く、「何の故有てか、例にも似ず宴(うたげ)し給ふぞ」と。長者の云く、「舎利弗来て、我が妻の孕める所の子を、男と相して、返給ひにき。此れを聞しより、心に喜て、遊戯する也」と。外道、「舎利弗の相を嫌(そね)まむ」と思て云く、「君が子は女也」と云て返る。

其の後、舎利弗来給へり。長者、外道の「女也」と云つる事を語る。舎利弗、尚、「男也」と宣ふ。外道は尚、「女也」と云て、相互に挑む時に、長者、仏1)の御許に詣て、此の実否を問奉る。仏の宣はく、「男子也。必ず祖(おや)を化して、仏の道に入るべし」と。

此れを聞くに、外道、弥よ妬の心を増して、長者に告て云く、「走る馬に鞭を加へむが如し。我れ、君と年来の師檀也。秘術を加へて、女を変じて男と成さむ」と。長者、此れを聞て、喜ぶ事限無し。外道、返て、相議して云く、「実には、此の子必ず男也。仏、勝なむとす。安からぬ事也。只如かじ、忽に其の子を殺て、子を生ましめじ」と議して、必ず死ぬ薬を造て、長者の許へ遣て云ふ様、「此の薬を一日一丸服せしむべし。此れは、必ず女を転じて、男と成る薬也」とて、大さ柚の如くして、色は赤きを、三丸遣る。

長者の妻、此の薬を服して、三日に至る日、物云はずして死ぬ。長者悲嘆く事、愚かならず。舎利弗と共に、仏の御許に詣て、此の事を申す。仏の宣はく、「汝、母と子と、何れをか得むと思ふ」と。長者の云く、「只、男子を得てば、我れ歎く事非じ」と。仏の宣はく、「汝が子、失せずして有り」と。

葬送の日、外道、其の所に集て此れを見る。又、仏来給へり。即ち、炎の中に十三歳許の童有り。形、端正なる事限無し。毗沙門に抱かしめて、仏の御膝の上に居たり。此れを自然太子と名づく。母無して出来たる故也。長者を召して、此れを給ひつ。外道は負て返ぬ。

長者より始め万の人、弥よ仏の妄語し給ざる事を信じ奉る。此の子、祖を化して、終に仏の道に入れたりけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku1-15.txt · 最終更新: 2016/04/14 16:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa