Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻1第14話 仏入婆羅門城教化給語 第十四

今昔、婆羅門城には仏法無して、皆外道に随逐して、其の典籍を習へり。仏1)、彼の城を教化せむが為めに、其の城に入給ふ。

其の時に、三摩耶外道、其の城に有て、人を教へて云く、「汝等が城には狗曇沙門2)と云ふ者来べし。其れは極たる悪人也。物持たる人をば、『世間は無益の事也。功徳を造れ』と云て、財(たから)を失はせて、貧窮に成しつ。相思たる夫妻をば、『世は無常なる者ぞ。仏法修行せよ』と教て去らしめつ。年盛にして、形美麗なる女を見ては、『世はあぢき無き者也。尼に成ね』と誘(こしら)へて、頭を剃らしめつ。只、此の如の事を教て、人を計り欺き、損を取らしめ、人の中を云ひ去(さ)け、人の形を衰えしむ悪人也」と。

城の人の云く、「然ば、其の沙門の来らむをば、何が為べき」と。外道の云く、「狗曇沙門は、只清き河の流れ、澄める池の側(ほと)り、吉き木の影などに居也。河には尿糞の穢を入れ、木をば皆伐払て、各家の戸をば閉(とぢ)よ。其れに、猶入来らば、弓箭を儲て、射殺せ」と教ふ。

其の時に、城の人、外道の教に随て、河を失ひ、木を伐り、弓箭・刀仗を儲て待に、仏、多(あまた)の御弟子等を引将て、彼の城に至給て、宣はく、「汝等、我が教を信ぜずして、終に三悪趣に堕て、無量劫の間、隙無く苦を受て、出る期無らむ。哀れに悲しき事也」と宣ふ時に、池河は清浄に成て、皆蓮花開け、樹木も栄生(さきおひ)て、金・銀・瑠璃の地と成ぬ。取れる所の弓箭・刀仗は、皆悉く蓮花と成て、其れを以て、仏を供養し奉る。

其の時に、城の人、皆、五体を地に投て、「南無皈命頂礼釈迦牟尼如来」と申す。額を築て咎を懺悔しけり。

其の善を以て、城の人、皆、無生法忍を得てけりとなむ、語り伝へたるとや。

1) , 2)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku1-14.txt · 最終更新: 2016/04/14 14:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa