Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻1第13話 満財長者家仏行給語 第十三

今昔、天竺に満財長者と云ふ人有り。一人の男子有り。須達長者と云ふ人有り。一人の女子有り。

満財、須達が家に行て見れば、一人の女子有り。端厳美麗にして、光を放つ如くして居たり。満財、須達に語て云く、「我が子に只一人の男子有り。汝が娘に会せよ」と。須達が云く、「更に会はすべからず」と。満財が云く、「何の故にか会はせじ云ふ」と。須達が云く、我が娘をば、仏1)に奉てき。我れは更に知るべからず。又、汝が子は、既に外道に随逐せり。されば、妻は夫の云はむ事に随ふ事なれば、我れも外道に随逐しなむとす。此れに依て会はせざる也」と。

満財、只猶「会せよ」と責れば、須達、「今、仏に申して」と答へて、須達、仏の御許に参て、此の事を仏に申すに、仏の宣はく、「吉き事也。速に会すべし。我れも満財が家に行て、彼を教化せむ」と。又、満財が云く、「須達、若し汝が娘を我が子に会せば、十六里が間の道に金を敷て、七宝を以て道を餝て迎へむ」と。

須達、終に娘を満財が子に会す。実に道を餝り、金を地に敷けり。何況や、余の事を思遣るべし。此の如くにして、須達が娘を満財が家に迎へ居へつ。

其の時に、仏、阿難に宣はく、「汝、満財が家に行て、其の気色を見て、善道に趣かしむべし。趣かずば、汝を打追はむとす。然(さら)ば、神通に乗て返来ね」と。阿難、仏の教勅を蒙て、満財が家に行ぬ。人、驚き騒て云く、「爰に昔も未だ見ざる悪人来れり。若し、此れ狗曇沙門2)か」と云て、打追むとす。満財が〓3)(よめ)、懃(ねんごろ)に此れを制止す。満財が子、妻に問て云く、「此れは汝が師か」と。妻の云く、「非ず。我が師の御弟子の阿難にこそ御すめれ」。夫の云く、「此の僧は、定て汝を思ひ懸て来ならむ。猶打追へ」と云ふ。妻の云く、「否や、汝極て愚也。此の人は三界の惑を断じて、永く愛欲の心を離たる人也。暫く返らむ時を見よ」と云ふ時に、阿難、虚空に昇て、光を放て、神通を現じて去ぬ。満財が子、此れを見て、「希有也」と思ふ。

「仏」4)又、両日を経て、舎利弗の来たるを見て、満財が子、妻に問ふ、「汝が師と云は此れか」と。妻の云く、「非ず。此れも御弟子の舎利弗の来給へるにこそ有ぬれ」と云ふ。又前の如く、光を放て、神通を現じて去ぬ。

又、富楼那・須菩提・迦葉等の弟子を遣すに、皆各至て、光を放て、神通を現ず。満財及び子の思はく、「仏の弟子は神通希有の者にこそ有けれ。我が外道の術にも倍(まさ)れりけり。増して、師の有様、何ならむ。見ばや」と思ふ心付ぬ。

其の時に、仏、眉間の白毫相の光を放て、満財が家を照し給ふ。東西南北・四維・上下、六種に震動す。天より曼荼羅花・摩訶曼荼羅花等の四種の花、雨(ふ)り、栴檀・沈水の香、法界に充満し、希有の瑞相を現ず。

其の時に、三摩耶外道、出来て、満財に云く、「汝が家に、忽に悪人来れり。汝及び、家の内の千万の人を殺むとす。未だ知らざるか」と云ふ時に、満財、「未だ知らず」と答ふ。外道の云く、「大地震動し、東西南北安からず。天より悪事の物降り、様々の悪相を現ず。今まで知らざる、希有の事也」と。満財が云く、「何の故有てか、狗曇沙門、我れをば殺害すべきぞ」と。外道の云く、其の汝が〓5)は、既に狗曇沙門の妻也。妻を取られて、将に吉と思ふ人有なむや」と。満財が云く、「さて、其をば何が為べき」と。外道の云く、「速に其の〓6)を追出してよ」と。

満財、子に云く、「汝が妻、追出せ。命あらば此より勝たる妻にも嫁(とつ)ぎ会せむ」と。子の云く、「父母を前に為る、人の子、皆世の無常の道理也。既に我が父母、年老たり。死なむ事、今明年を過ぐさじ。又、我が妻をば、片時も見では有るべからず。譬ひ死(しぬ)とも、互に手を取て、共に死なむ。更に出す事は有るべからず」と云て、出さず。

外道の云く、「軍、忽に来なむとす。然らば、汝・長者、人手に入らむ、無益也。自害をせよ」と。満財が云く、「我が許に五百の釼有り。其の第一を取て来れ」と。即ち持来れり。満財、釼を取て云く、「我れ、自害せむに心弱し。三百の𨥨(ほこ)有り。取て来て、釼を以ては頭を取り、銻を以ては腹を刺せ」と。

時に家の内の若干の眷属出来て、釼を以て至て害せむと為る時に、忽に釼の崎に蓮花開けぬ。𨥨の崎に又蓮花開けぬ。

其の時に、仏、王舎城耆闍崛山7)より出給ふ。其の儀式・作法、魏々にして、心の及ぶ所に非ず。普賢大士は六牙の白象王に乗て、左方に打立給へり。文殊大士は威猛師子王に乗て、右方に打立給へり。無量無数の菩薩・声聞・大衆、前後に囲遶せり。梵王・帝釈・四大天王、其の左右に列せり。各の所従幾(いくばく)ぞや。

仏、満財が家に至給ぬれば、其の家の百千万の人民、悉く仏を見奉て、歓喜しけりとなむ語り、伝へたるとや。

1) , 2)
釈迦
3) , 5) , 6)
女へんに妻
4)
底本頭注「仏ハ衍字カ又ハ此下誤脱アラン」
7)
霊鷲山に同じ
text/k_konjaku/k_konjaku1-13.txt · 最終更新: 2016/04/14 02:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa