Recent changes RSS feed

成尋阿闍梨母集

二巻(20) 四月一日律師の御房院の御修法に夜べよりあるとて・・・

校訂本文

四月一日、律師(りし)の御房1)、「院の御修法に、夜べよりある」とて、近くおはするにも、まづ思ひ出でられてぞ思え給ふる。人の、「験(しるし)ある人少なき」など言ふに、「この世界に余りたる御心など、おはしけるにか」と、いかにもさることと思えてぞ。

稚児どもの、藤の花をもてあそぶに、「いまは卯の花も咲きぬらむ」と思ふにも、耳とどめられて

  山賤(やまがつ)の垣根の上と聞きしかど世をうの花は今ぞ咲きける

と思ふほどに、人々の、「この月は神のことすかし」と言ふに、思ふ

  ことづけむ人もなけれはみ山なる葉守(はもり)の神を思ひこそやれ

「賀茂の祭、斎院も、院まだかはり給はで、いかが」など、よしなしこと言ふも、耳にとどめられて

  そむきにしわが身なれとも神代よとあふひといふぞ耳とどめつる

など思ふほどに、五月も近くなりて、五日、菖蒲のこと、幼き者、心地よげに言ふもあはれに、思ふことなき気色なり。

  そこにとも知らぬこひぢの菖蒲草いつかあふちの花をこそ待て

と思ふにも、「憂き身かな」と空を見やれば、曇りふたがりて、日もなし。

  雲間なき空をながむる五月雨(さみだれ)の袖の雫(しづく)も雨に劣らぬ

など思ひつつ過ぎ行くにも、なほうち返しつつ、身のありさまを思ふも、昔より思はずなる身なりけり。

あやしく、頼みし人も、さるべきほどに失せ、母も十余(よ)にて、いとよくおはしぬべかりし、とく失せ給ひて、この君だちの幼きを頼む人にて、待ちつつ多くの年を過ぎて、朝夕いとひし、命長きあまりに、世にたぐひなきことも見るにこそと、いと心憂く、同じことをうち返し、うち返し、歎き侍る。

翻刻

なけきつつすきゆく四月一日りしの御房
院の御す法によへよりあるとてちかくおはす
るにもまつ思ひいてられてそおほえ給人
のしるしある人すくなきなといふにこの
せかいにあまりたる御こころなとおはしける
にかといかにもさることとおほえてそちこ
とものふちの花をもてあそふにいまはうの
はなもさきぬらんとおもふにもみみとと
められて
  やまかつのかきねのうへとききしかと
  世をうのはなはいまそさきける
とおもふほとに人々のこの月は神のことすかし
といふにおもふ/s66r
  ことつけむ人もなけれはみやまなる
  はもりの神を思ひこそやれ
かものまつり斎院も院またかはり給はて
いかかなとよしなしこといふもみみにととめられて
  そむきにし我身なれとも神よよと
  あふひといふそみみととめつる
なと思ふほとに五月もちかくなりて五日さう
ふのことおさなき物心地よけにいふもあは
れにおもふことなきけしきなり
  そこにともしらぬこひちのあやめ草
  いつかあふちのはなをこそまて
とおもふにもうきみかなと天を見やれは
くもりふたかりて日もなし/s66l
  くもまなきそらをなかむるさみたれの
  そてのしつくもあめにおとらぬ
なとおもひつつすきゆくにも猶うちかへしつつ
みのありさまを思ふもむかしよりおもはす
なる身なりけりあやしくたのみし人
もさるへきほとにうせははも十よにて
いとよくおはしぬへかりしとくうせたま
ひてこのきんたちのおさなきをたのむ
人にてまちつつおほくのとしをすきて
あさゆふいとひしいのちなかきあまりに
世にたくひなきこともみるにこそと
いと心うくおなしことをうちかへしうちかへしなけ
きはへるむかしさりともとたのみきこえ/s67r
1)
成尋阿闍梨母のもう一人の子。
text/jojin/s_jojin2-20.txt · 最終更新: 2017/03/07 21:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa