Recent changes RSS feed

成尋阿闍梨母集

二巻(18) 唐よりここに文ありと聞きしかどそらごとにや見えず・・・

校訂本文

「唐よりここに、文(ふみ)あり」と聞きしかど、そらごとにや、見えず。それを見るとも、「ゆかしう、対面(たいめ)せまほしきことは慰めやせむずる」と思へど、ここにて、はや、うちありける文の、ものに入りたりける、取り出でて、見まほしき折りは見るものを、まして、「唐のことなどあらむ」と思ふがゆかしきなり。

  からくにの別れなりともわが身だにここに歎かば誰(たれ)か歎かむ

  ともすれば涙にくもる行く末の暗き道こそ思ひやらるれ

うち歎きつつ、月日を過ぐす。世のいとはしさ、いふかたなし。「昔物語の、あはれなるも、をかしきもありし、そらごとにはあらざりけり」と、今ぞ思ゆる。

この居たる西南、所々に桜いみじう咲きたるを、幼き者どもの、「乞ひ寄せて賜へ」と言へば、

  花よりも身にはたとへむ方ぞなきうつらむ春に会はむとすやは

と見ゆるほどに、帰る雁、雲居に聞こゆるを、「いみじう遥かなる」とあはれにて、

  秋はつる雁の声とは聞きながら春の雲居のあはれなるかな

と思ふに、「唐にも秋こそは渡るなれ」と人の言ふにも、

  うらやまし同じ雲居のほどと言へどいつとも知らぬ秋を待つかな

  かりにても今日ばかりこそうらやまめ明日を待つべき命ならねば

  袖はひぢ涙の池に目はなりて影見まほしき音(ね)をのみそ泣く

「『言ふにもあまる』と、昔の人のいひける、そらごとにはあらざりけり」とぞ、思ひしらる。よかながらへんわうにあらで、死なむおりは、思ひ出でて。

翻刻

とのみひとりこちてめはきりつつすくすたうより
ここにふみありとききしかとそらことにやみえす
それをみるともゆかしうたいめせまほしき
ことはなくさめやせむするとおもへとここにては
やうちありけるふみの物にいりたりける
とりいてて見まほしきおりは見る物を
ましてたうのことなとあ覧と思ふかゆかしき也
  からくにのわかれなりともわか身たに
  ここになけかはたれかなけかむ
  ともすれはなみたにくもるゆくすゑの
  くらき道こそおもひやらるれ
うちなけきつつ月日をすくすよのいとはし
さいふかたなしむかしものかたりのあはれな
るもをかしきもありしそらことにはあら/s63r
さりけりといまそおほゆるこのゐたるにしみ
なみところところに桜いみしうさきたるを
おさなき物とものこひよせて給へといへは
  花よりも身にはたとへんかたそなき
  うつらん春にあはんとすやは
とみゆるほとにかへるかり雲ゐにきこゆ
るをいみしうはるかなるとあはれにて
  秋はつるかりのこゑとはききなから
  はるのくもゐのあはれなるかな
とおもふにたうにもあきこそはわたるなれ
と人のいふにも
  うらやましおなし雲ゐのほとといへと
  いつともしらぬ秋をまつかな/s63l
  かりにても今日はかりこそうらやまめ
  あすをまつへきいのちならねは
  そてはひちなみたのいけにめはなりて
  かけみまほしきねをのみそなく
いふにもあまるとむかしの人のいひける天
ことにはあらさりけりとそ思ひしらるよか
なからへんわうにあらてしなむおりは思ひ
いててこのかたのふたかりたるほとりし/s64r
text/jojin/s_jojin2-18.txt · 最終更新: 2017/03/06 21:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa