Recent changes RSS feed

成尋阿闍梨母集

二巻(15) されどなほこの世のおぼつかなさの慰むかたなく思ゆるままに・・・

校訂本文

されど1)、なほ、この世のおぼつかなさの慰むかたなく思ゆるままに、六月十余日にぞ、文おこせ給へる。見れば、「三月十余日ぞ、唐の船には乗りて渡りぬる。今は心安く、『必ず極楽に参るべき』と思ゆるを、そこにも必ず会ひ給ふべきなり」とあり。

げに、この思ひ給へる心ばかりは本意(ほい)あれど、この世のおぼつかなさは、慰む方なく、「対面(たいめ)すべき命のほどならず」とのみ言ひ尽すかたなくて、ものも言はれず。

蓮(はちす)の上の一つの居所、待つほどの目は紅(くれなゐ)の涙にくもり、袖は池の堤(つつみ)に余りて隙(ひま)もなく、色々の蓮の光満ちたらむ、いみじうゆかしく思えながら、この夢に惑ふほどのあはれをば、

  この世にて見えずなりなば夢の内の惑ひも覚めぬ身とやなりなん

と言へども、涙にぞ身にはつけぬたぐひなりけれ。

  敷島を厭ふたぐひをありと言はば人に問ひても慰めてまし

  薬採る昔の人2)にあらずともこの敷島をめぐり会はばや

なほ、堪へむかたなし。「蓮の上に会へ」とあるこそ、

  この池に並ぶ蓮の露ならばさ言はんことも嬉しからまし

  会ふことを蓮の上と契れどもこの世はなほぞ忘れざりける

  やまとなるわが歎きのみ茂りつつからき思ひぞやるかたもなき

とのみ、独りごちつつ、明かし暮せど、かの正月のつごもりの日、仁和寺(にわじ)に渡りし折りのみ、ただ今のやうに思えて、別れ悲しく、

  東路(あつまぢ)の別れなりせばわが恋(こひ)を富士の煙(けぶり)によそへてましを

  一人のみ思ひ焦がるるわが恋(こひ)は心づくしの竃山(かまどやま)かな

など思ゆるほどに、はかなく月日も過ぎて、七月にもなりぬ。

もののみあはれにて、うち臥したる枕のもとにて、近く蛬(きりぎりす)の鳴くに、

  めぐり来る秋の枕のつゆけさをたづね来て鳴くきりぎりすかな

とのみ、うち泣きつつ過ぐるに、七月二十九日、雨のいたう降りて、西に向ひたる方の、かき暗したるやなれば、

  夜な夜なに降るは憂けれどあめの下雲居の方をながめこそすれ

  よもの浦に塩焼くあまのありといふをわれしもなどかからき思ひぞ

  風の音(おと)の身にしむ秋のあまたたび会はむものとは思はざりしを

  雲居にも同じ月日の過ぎ行かば思ひこそやれ秋の夕暮れ

など、独りごちつつある。

翻刻

こころなりされと猶このよのおほつかなさの
なくさむかたなくおほゆるままに六月十
よ日にそ文おこせたまへる見れは三月/s55l
十よ日そたうのふねにはのりてわたり
ぬるいまはこころやすくかならすこくら
くにまいるへきとおほゆるをそこにも
かならすあひたまふへきなりとありけ
にこのおもひたまへるこころはかりは
ほいあれとこの世のおほつかなさはなく
さむかたなくたいめすへきいのちのほと
ならすとのみいひつくすかたなくて物も
いはれすはちすのうへのひとつのゐ所まつ
ほとのめはくれなゐのなみたにくもり
そてはいけのつつみにあまりてひまもなく/s56r
いろいろのはちすのひかりみちたらんい
みしうゆかしくおほえなからこのゆめ
にまとふほとのあはれをは
  この世にて見えすなりなはゆめのうちの
  まとひもさめぬみとやなりなん
といへともなみたにそみにはつけぬたくひなりけれ
  しきしまをいとふたくひをありといはは
  人にとひてもなくさめてまし
  くすりとるむかしの人にあらすとも
  このしきしまをめくりあははや
猶たへむかたなしはちすのうへにあへとあるこそ/s56l
  このいけにならふはちすのつゆならは
  さいはんこともうれしからまし
  あふことをはちすのうへとちきれとも
  この世は猶そわすれさりける
  やまとなるわかなけきのみしけりつつ
  からきおもひそやるかたもなき
とのみひとりこちつつあかしくらせとかの正月
のつこもりの日にわしにわたりしをりのみ
たたいまのやうにおほえてわかれかなしく
  あつまちのわかれなりせはわかこひを
  ふしのけふりによそへてましを/s57r
  ひとりのみおもひこかるるわかこひは
  こころつくしのかまとやまかな
なとおほゆるほとにはかなく月日もすき
て七月にもなりぬもののみあはれにてうち
ふしたるまくらのもとにてちかく蛬のなくに
  めくりくる秋のまくらのつゆけさを
  たつねきてなくきりきりすかな
とのみうちなきつつすくるに七月廿九日
あめのいたうふりてにしにむかひたる方の
かきくらしたるやなれは/s57l
  よなよなにふるはうけれとあめのした
  くもゐのかたをなかめこそすれ
  よものうらにしほやくあまのありといふを
  我しもなとかからきおもひそ
  風のおとのみにしむ秋のあまたたひ
  あはんものとはおもはさりしを
  くもゐにもおなし月日のすきゆかは
  思ひこそやれ秋のゆふくれ
なとひとりこちつつある八月十一日のゆめに/s58r
text/jojin/s_jojin2-15.txt · 最終更新: 2017/03/04 16:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa