Recent changes RSS feed

成尋阿闍梨母集

二巻(12) 三月つごもりになりて二十七日雨いとおどろおどろしう・・・

校訂本文

三月、つごもりになりて、二十七日、雨いとおどろおどろしう、天もかき暗したるに、「ただ今、船などにや阿闍梨(あざり)はおはすらん」、思ふもやすからず歎かし。仏をのみぞ念じ奉る。

人の来て、「周防の国におはしけり」と言へば、「さればこそ、船にてし歩(あり)き給ふにこそ」と、いとわびし。

「いかなる身の宿世にて、おいとては、かばかりの人の、すずろなる歩(あり)きをし給ふらん」と、「あさましく」と返す返す思ゆるも、思ひわづらひては、ただ西に向ひてながむるに、小野の宮といふ所に、高き木の、枝も見えず、蔦(つた)といふもののまつはれたるを見るに、木なども安き空なき見るに、

  こずゑにも安き空なき身なりけりつたなきことも今は歎かじ

心の乱れてあるに、人の文に、「阿闍梨は、筑紫へ唐人(たうじん)尋ねにおはすとて、船に乗り給ひにけり」とあるに、「さればこそ」と心地も変りてぞ。

「さりぬべくは四月ばかり来む」と言ひ置かれし、思えて、涙のみぞこぼれまさる。

  うらめしく漕ぎ離れぬるうき舟をのりの筏(いかだ)と頼みけるかな

  思ひやるかたこそなけれあま小舟(をぶね)のり捨てらるるうらみする世に

とのみ、うち独りごちて過ごす折りに、人の、「根芹(ねせり)」とて、持て来たるを見るに、

  答へせば入江の芹に問ひてまし昔の人はいかが摘みしと/s53r

翻刻

ゑにこそはとのみ三月つこもりになりて
廿七日あめいとおとろおとろしう天もかきく
らしたるにたたいまふねなとにやあ
さりはおはすらん思もやすからすなけ
かし仏をのみそ念したてまつる
人のきてすわうのくににおはしけりと
いへはされはこそふねにてしありき
給ふにこそといとわひしいかなるみの/s51l
すくせにておいとてはかはかりの人のすす
ろなるありきをし給ふらんとあさま
しくと返々おほゆるも思ひわつらひ
てはたたにしにむかひてなかむるにをのの
宮といふ所にたかききのえたもみえ
すつたといふもののまつはれたるを見る
に木なともやすきそらなきみるに
  こすゑにもやすきそらなき身なりけり
  つたなきこともいまはなけかし
こころのみたれてあるに人のふみにあさ
りはつくしへたうしんたつねにおはすとて/s52r
ふねにのりたまひにけりとあるにされは
こそと心地もかはりてそさりぬへくは
四月はかりこんといひをかれしおほえて
なみたのみそこほれまさる
  うらめしくこきはなれぬるうきふねを
  のりのいかたとたのみけるかな
  おもひやるかたこそなけれあまをふね
  のりすてらるるうらみするよに
とのみうちひとりこちてすこすおりに人
のねせりとてもてきたるをみるに
  こたへせはいりえのせりにとひてまし/s52l
  むかしの人はいかかつみしと/s53r
text/jojin/s_jojin2-12.txt · 最終更新: 2017/02/26 15:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa