Recent changes RSS feed

成尋阿闍梨母集

二巻(9) 世の中いとどかき暗す心地して経をだに読みて・・・

校訂本文

世の中、いとどかき暗す心地して、経をだに読みて、念じ奉らむとすれど、それもいと苦しうて、読みもやられ給はず、日数のみ経るに、心の内に思ゆること、「これは罪にや」と恐しけれど、少しも慰めに、

    一巻1)

  散りにける花の折り見ぬその憂きにいとどこずゑのはるかなるかな

    二巻

  塵払(ちりはら)ふ家のあるじもわかことや惑ひたる子はゆかしかりけむ

    三巻

  一つあめの下にぬれどもいかなればうるはぬ草のみとなりにけん

    四巻

  酔(ゑ)ひさめてのちにあはずはいかでかは衣(ころも)の裏の珠を知るべき

    五巻

  君にこそ二つの珠はまかせしか五つの障りとどめてきとて

    六巻

  愚かなる心とともと聞きしかどこははるかにぞいく薬なる

    七巻

  行く人は嬉しき船と思ふともとまれるかたのうらめしきかな

    八巻

  明け暮れば普(あまね)き門(かど)を頼みつつ出でにし人の入るをこそ待て

    無量義経

  量りなく重きを渡す船の師はまたこの岸を頼みてぞ待つ

    普賢経

  日にそへてそらおもいととたのむかなないたのつゆのみをもきやせと

    無量義経

  すぐれたる蓮(はちす)の上を願ふかな会ふはかりなき君を頼みて

    小阿弥陀経

  浅からず思ひそめたるいろいろの蓮(はちす)の上をいかが見ざらむ

とこそは、頼みて過ぐし侍れ。

翻刻

世中いととかきくらす心地して経を
たによみて念したてまつらんとすれと/s46l
それもいとくるしうてよみもやられ給は
す日かすのみふるにこころのうちに
おほゆることこれはつみにやとおそろ
しけれとすこしもなくさめに
    一巻
  ちりにける花のをりみぬそのうきに
  いととこすゑのはるかなるかな
    二巻
  ちりはらふいゑのあるしもわかことや
  まとひたるこはゆかしかりけん
    三巻/s47r
  ひとつあめのしたにぬれともいかなれは
  うるはぬくさのみとなりにけん
    四巻
  ゑひさめてのちにあはすはいかてかは
  ころものうらのたまをしるへき
    五巻
  君にこそふたつのたまはまかせしか
  いつつのさわりととめてきとて
    六巻
  おろかなるこころとともとききしかと/s47l
  こははるかにそいくくすりなる
    七巻
  ゆく人はうれしきふねとおもふとも
  とまれるかたのうらめしきかな
    八巻
  あけくれはあまねきかとをたのみつつ
  いてにし人のいるをこそまて
    无両き経
  はかりなくおもきをわたすふねのしは
  またこのきしをたのみてそまつ/s48r
    ふけん経
  日にそへてそらおもいととたのむかな
  ないたのつゆのみをもきやせと
    む量き経
  すくれたるはちすのうへをねかふかな
  あふはかりなき君をたのみて
    少阿弥陀経
  あさからすおもひそめたるいろいろの
  はちすのうへをいかかみさらん
とこそはたのみてすくしはへれ月の/s48l
1)
『法花経』一巻の意。以下同じ。
text/jojin/s_jojin2-09.txt · 最終更新: 2017/02/24 15:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa