Recent changes RSS feed

成尋阿闍梨母集

二巻(6) 思へども飽かず侍れば昔のことを思ひ出づるに・・・

校訂本文

思へども飽かず侍れば、昔のことを思ひ出づるに、この君(きん)だちを父(てて)も亡くなりて持たるに、人々参らせ、桃宮(ももみや)と申すも、えさらぬ筋にて、「われ知らむ」など、さまざまのたまひしかど、「法師になしてむ」と思ひなりにしを思ゆる。

  火の家をこしらへ出でてとらせてしこのくるまをも今は待つかな

  かけてける衣(ころも)の裏の珠ぞとも立ち帰らずは誰(たれ)か告ぐべき

なと思ゆるに、秋風少し吹く音すれば、

  わたの原漕ぎは離れたる秋よとや四方(よも)の浦風身にぞしみける

思ひ残すことなく、もののみあはれなるに、秋の盛りの花、女郎花(おみなへし)・萩(はぎ)・蘭(らに)・撫子(なでしこ)など見るにも、奥山1)にありし年ごろ、秋山の唐紅(からくれなゐ)に見えし色、唐土(もろこし)の名に思ひなしたる心地して、別れのみ秋は心のもみぢ焦がれつつ、「あなやくなや」と、過ぎにしさへぞ、厭はしき。

さるは、三十あまりしより、死なむことを疑ひなく、夜(よる)などは、「寝入りてややまむ」など思えしかば、うち解けて、人のあたりにもむつかしう、暑きなどにも単衣(ひとへ)など身にひきまとひつつなんせしかば、見る人々、「あまりの心」と言はれし命の、かく長くて、この二十年ばかり、月日の過ぐるを厭ひ、阿弥陀仏を念じ奉りて、夜昼この世を厭ひ侍るに、かく世にたぐひなきことをさへ見侍るに、「仏さへ憎ませ給ふにこそいと心憂く、さりとも絶ゆべきかは」と思ひてぞ。

  思ひ出づるまことの道のたかはずは蓮(はちす)の上をいかが見ざらむ

とぞ、心の内には疑ひなく思え侍る。

  すみ給ふ仏の池の清ければあみだにこそは罪すくふらめ

とぞ、頼み奉る。

八月十五夜、月いみじく明かきに、仏の御光(ひかり)思ひやられて、

  円(まど)かなる月の光をながめても入る山の端(は)の奥ぞゆかしき

など思ひつつ、過ぎ行く月日は、「ただ死なむほどの今日にや」と言ひ思ひ暮しつつ、九月になりぬるに、折り知り顔に、菊の花咲くさましたり。

長月(ながつき)といふ名も、久しきことの厭はしきによそへられて、「とく過ぎよかし」と思ゆるに、菊の花咲きて色々なるも、いかに「うつろへ」とは言ひそめしにか。

秋深くなるにも、いとどもののみあはれにて、見出だしたれば、時雨のやに雨の音す。

  花散りし春の別れの悲しさの涙や秋の時雨なるらむ

いみじううつろひたるに、

  うつらふは唐錦(からにしき)とやきくの花よそふるしもぞ消え返りぬる

異事(ことごと)思えぬままに、あやしけれど、言ひつつ慰め侍る。

翻刻

うれしきを見んなとおほゆるおもへ
ともあかすはへれはむかしのことを
思ひいつるにこのきんたちをてても
なくなりてもたるに人々まいらせもも
宮と申すもえさらぬすちにて我
しらんなとさまさまの給しかと法
師になしてんと思ひなりにしを/s38r
おほゆる
  火のいゑをこしらへいててとらせてし
  このくるまをもいまはまつかな
  かけてけるころものうらの玉そとも
  たちかへらすはたれかつくへき
なとおほゆるに秋風すこし吹おと
すれは
  わたのはらこきはなれたる秋よとや
  よものうら風みにそしみける
思ひのこすことなくもののみあはれなるに/s38l
秋のさかりの花おみなへしはきらになて
しこなとみるにもおく山にありし年ころ
秋山のからくれなゐに見えしいろもろ
こしのなに思ひなしたる心地してわか
れのみあきはこころのもみちこかれつつ
あなやくなやとすきにしさへそいと
はしきさるは卅あまりしより
しなんことをうたかひなくよるなとは
ねいりてややまんなとおほえしかは
うちとけてひとのあたりにもむつ/s39r
かしうあつきなとにもひとへなとみに
ひきまとひつつなんせしかは見る人々
あまりのこころといはれしいのちのかく
なかくてこの廿年許月日のすくるを
いとひ阿弥陀仏を念したてまつり
てよるひるこのよをいとひはへるにかく
よにたくひなきことをさへみはへるに
ほとけさへにくませたまふにこそい
とこころうくさりともたゆへきかはと
おもひてそ/s39l
  おもひいつるまことの道のたかはすは
  はちすのうへをいかかみさらん
とそ心のうちにはうたかひなくおほえ侍る
  すみ給仏のいけのきよけれは
  あみたにこそはつみすくふらめ
とそたのみたてまつる八月十五夜月
いみしくあかきに仏の御ひかり思ひや
られて
  まとかなる月のひかりをなかめても
  いるやまのはのおくそゆかしき/s40r
なとおもひつつすき行月日はたたしな
むほとのけふにやといひおもひくらしつつ
九月になりぬるにをりしりかほにきく
の花さくさましたりなかつきといふな
もひさしきことのいとはしきによそへ
られてとくすきよかしとおほゆるに
きくの花さきていろいろなるもいかにう
つろへとはいひそめしにか秋ふかくなるに
もいとともののみあはれにて見いたし
たれはしくれのやにあめのおとす/s40l
  花ちりし春のわかれのかなしさの
  なみたや秋のしくれなるらん
いみしううつろひたるに
  うつらふはからにしきとやきくの花
  よそふるしもそきえかへりぬる
ことことおほえぬままにあやしけれと
いひつつなくさめはへる人々のをのか思ひ思ひ/s41r
1)
岩倉を指す。
text/jojin/s_jojin2-06.txt · 最終更新: 2017/02/24 12:10 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa