Recent changes RSS feed

成尋阿闍梨母集

二巻(5) はかなくて過ぐる月日ぞわれ一人がおぼつかなさに・・・

校訂本文

はかなくて過ぐる月日ぞ。われ一人がおぼつかなさに、「渡りやし給ひにけむ、まだ筑紫におはするにや」とも知らず。

また、この律師(りし)1)の、受け取りて、もてあつかひ給ふもいとほしく、二人おはしあひたりしを、嬉しく、たぐひなく思えて、嬉しかりしも思ひ出でられて、ただ音(ね)のみぞ泣かるる。

律師の御房より、車おこせ給ひて、「方違へよ」とてあれば、まかるに、らまち2)この花のはなばなと咲きたるを見て、乞ふめれば、童(わらは)の多く折りて持て来たるも、折りからに、もののみあはれに、撫子(なでしこ)の萎(しぼ)みたるに、

  秋深き唐撫子(からなでしこ)はかれぬともさがのこととて歎きしもせじ

など、独りごちて行く道に、斎宮のおはしましたる跡、野宮といふに、屋をこぼち散らして、恐しげにしなしたるを見るに、かぎりなき御有様にても、おはしましけむほど、推し量られて、

  かぎりなき神代の君が別れだに跡のあはれは悲しかりけり

あしたに帰りても、天をながめて居たるほどに、「筑紫へまかる者なり。御文や賜ふ」と言ふに、胸きと騒ぎてぞ、つらく思ゆるに、

  雲居まで飛び別れにし葦田鶴(あしたづ)はふみ見ぬ跡をたづねしもせじ

と恨めしう思えながらも、書きて奉る。これも書きて奉らまほしかりしかど、かやうのことも見知り給ふ方は見えざりしかば、書かずなりにき。

心憂かりし別れを、夢と思ふも、「いつか、うつつの嬉しきを見む」など思ゆる。

翻刻

はかなくてすくる月日そ我ひとりかお
ほつかなさにわたりやし給ひにけん
またつくしにおはするにやともしらす/s36r
又このりしのうけとりてもてあつかひ
たまふもいとをしくふたりおはし
あひたりしをうれしくたくひなく
おほえてうれしかりしも思ひいて
られてたたねのみそなかるるりしの
御房よりくるまおこせたまひてかた
たかへよとてあれはまかるにら(本ニ本)まち
この花のはなはなとさきたるをみて
こふめれはわらはのおほくおりてもて
きたるもおりからに物のみあはれに/s36l
なてしこのしほみたるに
  あきふかきからなてしこはかれぬとも
  さかのこととてなけきしもせし
なとひとりこちていく道に斎宮のお
はしましたるあと野の宮といふに
やをこほちちらしておそろしけにし
なしたるをみるにかきりなき御あり
さまにてもおはしましけむほと
おしはかられて
  かきりなき神よの君かわかれたに/s37r
  あとのあはれはかなしかりけり
あしたにかへりても天をなかめてゐ
たるほとにつくしへまかるものなり
御ふみやたまふといふにむねきと
さはきてそつらくおほゆるに
  くもゐまてとひわかれにしあしたつは
  ふみみぬあとをたつねしもせし
とうらめしうおほえなからもかきて
たてまつるこれもかきてたてまつら
まほしかりしかとかやうのことも見/s37l
しりたまふかたは見えさりしかは
かかすなりにきこころうかりしわか
れをゆめとおもふもいつかうつつの
うれしきを見んなとおほゆるおもへ/s38r
1)
成尋阿闍梨母のもう一人の子。
2)
底本「ら」に「本ニ本」と傍書。
text/jojin/s_jojin2-05.txt · 最終更新: 2017/02/20 23:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa