Recent changes RSS feed

成尋阿闍梨母集

二巻(4) 立ち別れ聞こえし日より落つる涙の絶え間に・・・

校訂本文

立ち別れ聞こえし日より、落つる涙の絶え間に、目も霧りて見えぬにも、目さへ見えずなりて、長らへむ命の、心憂く、今日にても死なまほしく待つに、いとわりなかりし心地にも、死なずなりにしも、いと心憂く思ゆ。

「よその人は、深く世をあはれと思ひたる気色にも、心一つのみわびしくて、わびては、これ、この世のことにあらじ、先の世に契りおきてこそ、仇敵(あたかたき)なることもあんなれ、これは多くの年ごろ、飽かぬことなくて、あらせ給へるかぎりの、ありける月日のかぎりにや」と思ひなせど、心の中は、慰(なぐさ)む方なくて、今は、ただ律師(りし)一人あつかひ給ふぞ、いとほしく思ゆる。

よろづにつけて恋しく、「などて、ただ、いみじき声を出して泣きまどひても、ひかへとどめ聞こえずなりにけむ」と悔しうぞ。「日ごろ仏に申すは、『いたくな思ひ泣かせ給ひそ』とのたまひし験(しるし)に、仏、まどひて出だしやり奉りたるなめり」とぞ、心憂く思ゆる。

「いかにも、必ず詣(ま)で来て、おはし・おはせず、見むとす」と言ひ置かれし。

  遥かにとたち別れにし唐衣きて見るまでは経(ふ)べきわが身か

ただ、夜昼泣くよりほかのことなくて、涙のみぞ、尽きせぬ身を知るたぐひにて、暮し明かさるる。

  言ふかひもなみだの川に沈みたるみをも誰かは深くたづねん

翻刻

たちわかれきこえし日よりおつるなみ
たのたえまにめもきりてみえぬ
にもめさへみえすなりてなからへん
いのちのこころうくけふにてもし
なまほしくまつにいとわりな
かりし心地にもしなすなりにしも
いと心うくおほゆよその人はふかく/s34l
世をあはれとおもひたるけしきにも
こころひとつのみわひしくてわひて
はこれこのよのことにあらしさきの
よにちきりおきてこそあたかた
きなることもあんなれこれはおほくの
としころあかぬことなくてあらせ
給へるかきりのありける月日のかき
りにやとおもひなせとこころの中は
なくさむかたなくていまはたたりし
ひとりあつかひたまふそいとおし/s35r
くおほゆるよろつにつけてこひ
しくなとてたたいみしきこゑを
いたしてなきまとひてもひかへととめ
きこえすなりにけんとくやしうそ
日ころ仏に申すはいたくなおもひな
かせたまひそとのたまひししるし
にほとけまとひていたしやりたて
まつりたるなめりとそこころうく
おほゆるいかにもかならすまてきて
おはしおはせすみんとすといひおかれし/s35l
  はるかにとたちわかれにしから衣
  きてみるまてはふへきわか身か
たたよるひるなくよりほかのことなく
てなみたのみそつきせぬ身をし
るたくひにてくらしあかさるる
  いふかひもなみたのかはにしつみたる
  身をもたれかはふかくたつねん/s36r
text/jojin/s_jojin2-04.txt · 最終更新: 2017/02/18 19:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa