Recent changes RSS feed

成尋阿闍梨母集

一巻(1) 延久三年正月三十日

校訂本文

  延久三年正月三十日

仁和寺に渡りて、思ひ乱るる南面(みなみおもて)に、梅花いみじう咲きたるに、鶯の鳴きしかば、

  なくなくもあはれなるかな枝々に木伝(こづた)ふ春の鶯の声

なほ、申文(まうしぶみ)にて、内にも参らせまほしう、

  雲の上ぞのどけかるべき万代(よろづよ)に千世かさねますももしきの君

はかなくて、過ぎ侍りにける年月のことども、をかしうも、あやしきも、数知らず積り侍りにけれど、それを記し置きて、人の見るべきことにも侍らぬを、年八十になりて、世にたぐひなきことの侍れば、心一つに見侍るが、しばし書き付けてみ侍まほしうて。

翻刻

  延久三年正月卅日
仁和寺にわたりて思ひみたるるみな
みおもてに梅花いみしうさき
たるにうくひすのなきしかは
  なくなくもあはれなるかなえたえたに
  こつたふはるのうくひすのこゑ
猶申ふみにて内にもまいらせまほしう
  雲のうへそのとけかるへきよろつよに
  千世かさねますももしきの君
はかなくてすきはへりにけるとし月/s4l
のことともをかしうもあやしきもか
すしらすつもりはへりにけれとそ
れをしるしおきて人の見るへき
ことにもはへらぬを年八十になりて
よにたくひなきことのはへれは心ひと
つにみはへるかしはしかきつけてみ
侍まほしうて子はふたりそりし/s5r
text/jojin/s_jojin1-01.txt · 最終更新: 2017/02/14 11:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa