ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:ima:s_ima053

今物語

第53話 念仏者のなかにつちゆいふふつといふ僧ありけり・・・

校訂本文

念仏者のなかに、「つちゆいふふつ」といふ僧ありけり。ある所に板風呂といふ物をして、人々入りけるに、この僧、目を病むよし言ひければ、目をひさぎて入らば苦しかるまじきよしを、人々言ひければ、「さらば」とて、目を結ひて、板風呂のありさまも知らぬものの、目は見えざりければ、風呂の前に脇戸の内のありけるに、風呂と心得て、裸にて、かかへたる所もうち解けて居にけり。

人々、女房など、見おこせたるに、裸なる法師の、隠し所もうち出だして、「あな、ぬるの風呂や。焚け、焚け」と言ひて居たりける、いとをかしかりける。

人々笑はるる声を聞きて、あやしく思ひて、目を開けて見れば、風呂にてもなき所に居て、人々笑ひける時に、あさましく思ひて、走り逃げにけり。

人々、をかしく思ひあへりけり。

翻刻

念仏者のなかにつちゆいふふつといふ僧ありけりある所に
いたふろといふ物をして人々入けるに此僧めをやむよし
いひけれは目をひさきて入はくるしかるましきよしを
人々いひけれはさらはとてめをゆひていたふろの
ありさまもしらぬもののめは見えさりけれはふろのまへに
わき戸のうちのありけるにふろと心得てはたかにてかかへ/s30r
たる所もうちとけてゐにけり人々女房なと見おこせたるに
はたかなる法師のかくし所もうちいたしてあなぬるのふ
ろやたけたけといひてゐたりけるいとおかしかりける人々
わらはるるこゑをききてあやしくおもひてめをあけて
みれはふろにてもなき所にゐて人々わらひける時に
あさましくおもひてはしりにけにけり人々おかしく
おもひあへりけり/s30l


text/ima/s_ima053.txt · 最終更新: 2015/01/05 16:54 by Satoshi Nakagawa