Recent changes RSS feed

今物語

第52話 ある説経師の請用してことにめでたく貴く説法せむと・・・

校訂本文

ある説経師の、請用して、ことにめでたく貴く説法せむとしけるに、筥(はこ)のしたかりければ、こと忙しくなりて、よろづ急ぎて、布施も取り取らず帰りて、物脱ぎ散らして、急ぎ樋殿(ひどの)へ行きたりけるに、屁ばかりひりて、また、物もなかりけり。

「かかるべしと知りたらば、高座の上にても、しばしこらへて、説経をもすべかりけるものを」と悔しく思ひてけるほどに、その次1)の日、また人に呼ばれて説経しけるほどに、また筥のしたかりけるを、「すかしてむ」と思ひて、すこし居直る様にしければ、まことの物多く出でにけり。

この僧、すべきかたなくて、「昨日は筥にすかされて、屁をつかまつる。今日は屁にすかされて、筥をつかまつる」と言ひて、走り下りて、逃げ出でにければ、上の袴より垂り落ちて、堂の内、汚なくなりにけり。聴聞の人、鼻を抑へて興醒めてけり。

いとをかしかりけり。

翻刻

ある説経師の請用してことにめてたくたうとく説法
せむとしけるにはこのしたかりけれは事いそかしく成て
よろついそきて布施もとりとらすかへりて物ぬきちら
していそきひとのへ行たりけるにへはかりひりて又物も
なかりけりかかるへしとしりたらは高座のうへにてもしはし
こらへて説経をもすへかりける物をとくやしくおもひてける
ほとにその吹の日又人によはれて説経しけるほとに又はこ/s29l
のしたかりけるをすかしてむとおもひてすこしゐなをる様
にしけれはまことの物おほく出にけりこの僧すへきかた
なくて昨日ははこにすかされてへをつかまつるけふはへに
すかされてはこをつかまつるといひてはしりおりてにけいて
にけれはうへのはかまよりたりおちて堂のうちきたなくなり
にけり聴聞の人はなをおさへてけうさめてけりいとおか
しかりけり/s30r
1)
底本「吹」。諸本により訂正
text/ima/s_ima052.txt · 最終更新: 2015/01/05 16:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa