Recent changes RSS feed

今物語

第48話 文学上人佐渡国に流されたりけるが召し返されたりけるに・・・

校訂本文

文学上人1)、佐渡国に流されたりけるが、召し返されたりけるに2)、あるやむごとなき歌詠みのもとより、

  別れしを悲しと聞きし老いの身の今まで□□□うれしきはいかに3)

とありければ、返し、

  嬉しさも京(みやこ)に出でしそはいかに今はかへりてかかる仰せを

この上人の歌に、

  世の中に地頭盗人なかりせば人の心はのどけからまし

と詠みて、「我が身は業平にまさりたり。『春の心はのどけからまし』と言へる。何条(なんでう)、春に心のあるべきぞ」と言ひけり。

翻刻

文学上人佐渡国になかされたりけるかめしかへされたり
るにあるやむことなき哥よみのもとより
  わかれしをかなしとききしおいの身のいままて□□うれしきは
いかにとありけれはかへし
  うれしさも宮こにいてしそはいかにいまはかへりてかかるおほせを
この上人の哥に/s28l
  世中に地頭ぬす人なかりせは人のこころはのとけからまし
とよみて我身は業平にまさりたり春のこころはのとけ
からましといへる何条春に心のあるへきそといひけり/s29r
1)
文覚とも書く
2)
底本「たりるに」。諸本により補う。
3)
「□□□」、諸本すべて空白。底本「うれしきは」で改行されているが、諸本に従い「いかに」までを歌とみる
text/ima/s_ima048.txt · 最終更新: 2015/01/04 17:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa