Recent changes RSS feed

今物語

第46話 承久のころ住吉へしかるべき人の参らせ給ひけるに・・・

校訂本文

承久のころ、住吉へしかるべき人の参らせ給ひけるに、をりふし、神主経国、京へ出でたりけるが、人を走らせて、「住の江殿など、掃除せさせよ」と言ひ遣りたりけるに、あまりのきらめきに、年ごろしかるべき人々の書き置かれたる歌ども、柱・長押(なげし)・妻戸にありけるを、皆削り捨ててけり。

神主、下りてこれを見て、「こはいかにせむ」と、足摺りをして悲しめども、かひなかりけり。

これを見て、古き尼の書き付けける、

  世の中の移りにければ住吉の昔の跡も留まらざりけり

これは、承久の乱の後、世の中改まりけるときのことなり。

翻刻

承久のころ住吉へしかるへき人のまいらせたまひけるにおり
ふし神主経国京へ出たりけるか人をはしらせてすみの/s27l
江殿なと掃除せさせよといひやりたりけるにあまりの
きらめきにとしころしかるへき人々の書をかれたる哥とも
柱なけし妻戸にありけるをみなけつりすててけり神主
くたりてこれをみてこはいかにせむとあしすりをして
かなしめともかひなかりけりこれをみてふるきあま
の書付ける
  世中のうつりにけれは住よしのむかしの跡もとまらさりけり
これは承久の乱の後世中あらたまりける時の事也/s28r
text/ima/s_ima046.txt · 最終更新: 2015/01/04 02:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa