Recent changes RSS feed

今物語

第39話 昔周防内侍が家のあさましながら建久のころまで・・・

校訂本文

昔、周防内侍が家の、あさましながら、建久のころまで、冷泉堀河の西と北との隅に、朽ち残りてありけるを、行きて見ければ、

  我さへ軒のしのぶ草1)

と、柱に昔の手にて、書き付けたりしがありける、いとあはれなりけり。

これを見て、ある歌詠み書き付けける、

  これやその昔の跡と思ふにも忍ぶあはれの絶えぬ宿かな

翻刻

むかし周防内侍か家のあさましなから建久のころまて
冷泉堀河のにしときたとのすみにくちのこりて有ける
を行て見けれは
  我さへ軒のしのふ草かな
と柱にむかしのてにて書つけたりしかありけるいとあ
はれなりけりこれをみてある哥よみ書つけける
  これやそのむかしの跡とおもふにもしのふあはれのたえぬ宿かな/s25r
1)
底本「しのぶ草かな」。諸本に従い削除。
text/ima/s_ima039.txt · 最終更新: 2014/12/27 17:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa