Recent changes RSS feed

今物語

第29話 賀茂に常につかふまつりける女房の久しく参らざりける夢に・・・

校訂本文

賀茂に常につかふまつりける女房の、久しく参らざりける夢に、ゆふしでのきれに書きたりける物を、直衣着たりける人の、賜はせけるを見れば、

  思ひ出づや思ひぞ出づる春雨に涙とり添へ濡れし姿を

とありけるを見て、夢覚めにけり。

「あはれ」と思ふほどに、手に物の握られたりけるを見ければ、ゆふしでのきれに、墨三十一付きたるにてあり。

ことにあはれにめでたく、涙もとどまらずぞ1)ありける。

翻刻

賀茂につねにつかふまつりける女房のひさしくまいら
さりける夢にゆふしてのきれにかきたりける物をな
をしきたりける人のたまはせけるをみれは
  思いつやおもひそいつる春雨に涙とりそへぬれしすかたを
とありけるをみて夢さめにけりあはれとおもふほとに手
にもののにきられたりけるを見けれはゆふしてのきれに
すみ卅一つきたるにてありことにあはれにめてたく泪も
ととまらすありける/s20r
1)
底本「ぞ」なし。諸本により訂正。
text/ima/s_ima029.txt · 最終更新: 2014/12/25 11:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa