Recent changes RSS feed

今物語

第22話 待賢門院の女房加賀といふ歌詠みあり・・・

校訂本文

待賢門院1)の女房、加賀といふ歌詠みあり。

  かねてより思ひしことぞ伏し柴の樵(こ)るばかりなる歎きせむとは

といふ歌を年ごろ詠みて、持ちたりけるを、「同じくは、さりぬべき人に言ひ睦びて、忘られたらんに詠みたらば、集などに入りたらむも優(いう)なるべし」と思ひて、いかがありけむ、花園の左の大臣(おとど)2)に申し初めてけり。

その後、思ひのごとくやありけん、この歌を参らせたりければ、大臣殿もいみじくあはれに思しけり。

かひがひしく千載集に入りにけり。世の人「伏し柴の加賀」とこそ言ひける。

翻刻

待賢門院の女房加賀といふ哥よみあり
  かねてよりおもひし事そふし柴のこるはかりなるなけきせむとは
といふ哥をとしころよみて持たりけるをおなしくはさり
ぬへき人にいひむつひてわすられたらんによみたらは集
なとに入たらむもいうなるへしとおもひていかかありけむ
花園の左のおととに申そめてけりそののちおもひのこ
とくやありけんこの歌をまいらせたりけれは大臣殿も
いみしくあはれにおほしけりかひかひしく千載集に入
にけり世の人ふし柴の加賀とこそいひける/s15l
1)
藤原璋子
2)
源有仁
text/ima/s_ima022.txt · 最終更新: 2014/12/21 15:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa