Recent changes RSS feed

今物語

第7話 大納言なりける人日ごろ心を尽されける女房のもとに・・・

校訂本文

大納言なりける人、日ごろ心を尽されける女房のもとにおはして、物語りなどせられけるが、世に思ふやうならで、明け行く空もなほ心もとなかりければ、あからさまのやうにて、立ち出でて、随身に心を合はせて、「今しばしありて、『まことや、今宵は内裏の番にて候ふものを。もし、思し召し忘れてや』とおとなへ」と教へて、内へ入りぬ1)

そのままに、しばしありて、こちなげに随身いさめ申しければ、「さることあり。今宵はげに心おくれしにけり」とて、とりあへず急ぎ出でんとせられける気色を見て、この女房、心得て、やがて、いと恨めしげなるに、をりふし雨のはらはらと降りければ、

  降れや雨雲の通ひ路(ぢ)見えぬまで心そらなる人やとまると

優(いう)なる気色にて、わざとならずうち出でたりけるに、この大納言、何かのことはなくて、その夜泊まりにけり。

後までも、絶えず訪れられけるは、いとやさしくこそ。

かく申すは、後徳大寺左大臣2)と聞こえし人のこととかや。

翻刻

大納言なりける人日ころ心をつくされける女房のもとに
おはして物かたりなとせられけるか世におもふやうならて
あけ行空も猶心もとなかりけれはあからさまのやう
にてたちいてて随身に心をあはせていましはしありて
まことやこよひは内裏の番にて候ものをもしおほし
めしわすれてやとをとなへとをしへてうちいりぬその
ままにしはしありてこちなけに随身いさめ申けれは
さる事ありこよひはけに心をくれしにけりとてと/s8r
りあへすいそきいてんとせられけるけしきをみてこの
女房心えてやかていとうらめしけなるにおりふし
雨のはらはらとふりけれは
  ふれや雨雲のかよひちみえぬまて心そらなる人やとまると
いふなるけしきにてわさとならすうちいてたりけるに
この大納言何かの事はなくてその夜とまりにけり
後まてもたえすをとつれられけるはいとやさしくこそ
かく申は後徳大寺左大臣ときこえし人のこととかや/s8l
1)
底本、「うちいりぬ」。諸本により訂正。
2)
藤原実定
text/ima/s_ima007.txt · 最終更新: 2014/12/15 23:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa