Recent changes RSS feed

発心集

第六第6話(68) 侍従大納言、幼少の時、験者改請を止むる事

校訂本文

侍従大納言成通卿1)、そのかみ九歳にて、わらはやみし給ひけり。

年ごろ祈りけるなにがし僧都とかやいふ人を呼びて、祈らせけれど、かひなく発(おこ)りければ、父の民部卿2)、ことに歎き給ひて、傍らにそひ居て、見あつかひ給ふ間に、母君と言ひ合はせつつ、「さりとて、いかがはせむ。このたびは、こと僧をこそ呼ばめ。いづれか良かるべき」などのたまひけるを、この児(ちご)、臥しながら聞きて、民部卿に聞こえ給ふ。

「なほ、このたびは僧都を呼び給へがしと思ふなり。そのゆゑは、乳母(めのと)などの申すを聞けば、まだ腹の内なりける時より、この人を祈りの師と頼みて、生れて、今九つになるまで、ことゆゑなくて侍るは、ひとへにかの人の徳なり。それに、今日この病ひによりて、口惜しく思はんことのいと不便に侍るなり。もし、こと僧を呼び給ひたらば、たとひ落ちたりとも、なほ本意(ほい)にあらず。いはんや、必ず落ちんこともかたし。さりとも、これにて死ぬるほどのことは、よも侍らじ。我を思さば、幾たびもなほこの人を呼び給へ。つひには、さりともやみなん」と苦しげなるをためらひつつ、聞こえ給ふに、民部卿も母上も、涙を流しつつ、あはれに思ひよせたり。

「幼なき思ひばかりには劣りてげり」とて、またのあたり日、僧都を呼びて、ありのままにこの次第を語り給ふ。「隠し奉るべきことに侍らぬ御ことを、おろかに思ふにはあらねども、かれが悩み煩ひ侍る気色を見るに、心もほれて、思されむことも知らず、しかじかのことをうちうちに申すを知りて、この幼なき者のかく申し侍るなり」。涙を押しのごひつつ、語り給ふに、僧都、おろかに思されむや、その日、ことに信をいたしき。泣く泣く祈り給ひければ、きはやかに落ち給ひにけり。

この君は、幼なくより、かかる心を持ち給ひて、君につかうまつり、人にまじはるに付けても、ことにふれつつ、情深く、優なる名をとめ給へるなり。すべていみじき数寄人にて、世の濁りに心をそめず、いもせの間に愛執浅き人なりければ、後世も罪浅くこそ見えけれ。

翻刻

  侍従大納言幼少時止験者改請事
侍従大納言成通卿ソノカミ九歳ニテ。ワラハヤミシ給
ケリ。年来イノリケルナニガシ僧都トカヤ云人ヲ呼テ
祈ラセケレドカヰナク発リケレバ。父ノ民部卿コトニ
歎キ給ヒテ傍ニソヒ居テ見アツカヒ給フ間ニ母君/n18r
トイヒ合セツツサリトテイカガハセム此度ハコト僧
ヲコソ呼メ。イヅレカヨカルベキナドノ給ケルヲ此チゴ
臥ナカラ聞テ民部卿ニキコヘ給フ。猶コノ度ハ僧都ヲ
ヨヒ給ヘガシト思フナリ。其故ハ。メノトナドノ申スヲ聞
バマタ腹ノ内ナリケル時ヨリ。此人ヲ祈ノ師トタノミ
テ生テ今九ツニ成マデ事ユヘナクテ侍ルハ。ヒトヘニ
彼人ノ徳ナリ。ソレニ今日此病ニヨリテ口惜思ハン事
ノイト不便ニ侍ナリ。若コト僧ヲ喚給ヒタラバ。タトヒ
落タリトモ猶本意ニ非ズ。況ヤ必ズヲチン事モカタ
シ。サリトモ是ニテ死ヌルホドノ事ハヨモ侍ラジ。我ヲ/n18l
オホサバ幾度モ猶此人ヲヨビ給ヘ。終ニハサリトモヤミ
ナント苦ケナルヲタメラヒツツ聞ヘ給フニ。民部卿モ
母ウヘモ涙ヲナガシツツ哀レニ思ヨセタリ。ヲサナキ
思バカリニハオトリテゲリトテ。又ノアタリ日僧都ヲ
喚テアリノママニ此次第ヲカタリ給フ。カクシ奉ル
ベキ事ニ侍ラヌ御事ヲ。オロカニ思ニハアラネドモカ
レガナヤミ煩ヒ侍ルケシキヲ見ニ心モホレテオボサ
レム事モシラズ。シカシカノ事ヲウチウチニ申スヲ知テ
此オサナキ者ノカク申侍ルナリ。涙ヲ押ノゴヒツツ
語リ給フニ。僧都オロカニオホサレムヤ其日コトニ信/n19r
ヲイタシキ。泣々祈リ給ヒケレバキハヤカニ落給ヒニ
ケリ此君ハオサナクヨリカカル心ヲモチ給テ君ニ
仕マツリ人ニマジハルニ付テモ。事ニフレツツ情フカク優
ナル名ヲトメ給ヘルナリ。惣テイミジキスキ人ニテ
世ノ濁ニ心ヲソメズ。イモセノ間ニ愛執アサキ人ナリ
ケレバ後世モ罪アサクコソ見ヘケレ/n19l
1)
藤原成通
2)
藤原宗通
text/hosshinju/h_hosshinju6-06.txt · 最終更新: 2017/06/25 19:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa