Recent changes RSS feed

発心集

第五第12話(59) 乞児、物語の事

校訂本文

ある上人の、ものへまかりける道に、乞児三人ばかり行きつれたりけるが、おのが友、物語するを聞けば、一人が言ふやう、「近江(あふみ)はゆゆしき運者(うんじゃ)かな。坂のまじらひして、いまだ三年にだに満たぬに、宝鐸(ほうちやく)許(ゆ)りたるは、ありがたきことぞかし」と言へば、今一人がいはく、「それは別の果報の人ぞ。口汚なくて言ふべからず」と言ふ。

「これを聞きてこそ、わがさまを、仏菩薩のことにふれてはかなく見給ふらんこと、思ひ知られて、あはれに恥しく思え侍りしか」と語りき。

また、ある人、片田舎に行きて、いやしき家に宿を借りて泊まりけるに、この家の主(あるじ)を見れば、年八十余りにやあらん、頭(かうべ)は雪のごとくして、膚(はだへ)黒く、皺(しは)たたみ、目ただれ、口すげうて、腰は二重にかがまりて、立ち居る度に大きに苦しう、「いかにも今日・明日のことにこそ」と、いとほしく思えて、これを勧めて言ふやう、「なんぢ、老いせまりて、残命(ざんめい)、今いくばくかはあらん。行歩(ぎやうぶ)もかなはざれば、人にまじるにつけても苦しからん。今は出家うちして、念仏申して、のどかにゐたれかし。さらば、後世の楽しみもしかるべきのみにあらず、身も安からん」と言ふ。

翁の言ふやう、「まことに、今はさやうにこそつかまつるべきを、なるべき司(つかさ)の一つ侍るによりて、たえぬ身に、老いの力をはげみて、かくまでつかへ侍るなり。われよりも、今三年がこのかみなる翁、上臈(じやうらふ)にて侍り。かれ、人まねつかまつりなむ後は、必ずその司にまかりなるべければ、それまで待ち侍るなり」と言ひける。

さやうの者のなる司思ふに、さばかりこそはあるらめ。そのことに執をとめて、「今や、今や」とまぼりをりけん。罪深く、あはれにこそ侍れ。

ただし、これらをうち聞けば、愚かなるやうなれど、よく思へば、この世の望み、高きも賤しきも、道同じ。われらがいみじく思ひならはせる司・位も、これを上づ方に並ぶれば、翁が望みにことならず。いはんや、天竺・震旦の国王・大臣のありさまなどは、喩(たと)へても言ふべからず。

また、ある人いはく、「治承のころ、世の中乱れて、人多く亡び失せ侍りし時、敵(かたき)の方の人を捕へて、頸を斬りに出でまかるとて、ののしりあへるを見れば、ことよろしき者にこそ、さすがに由ありて見ゆるを、情けなくゆゆしげにして、追ひ立ちて行く。地獄絵に描ける鬼人にことならず。『あな心憂(こころう)。よも、うつつ心あらじ』と、あはれにいとほしく見ゆるほどに、道に蕀(むばら)のあるを、『踏まじ』とて、よきて行かんとするを、見る人、涙落していはく、『かばかりの目を見て、今いく時あるべき身なれば、蕀を踏まじと思ふらん』と、はかなく悲しみあへり」。

これまた、人の上かは。われ世の末に及びて、命短かく果報つたなき時、わづかに人界に生まれたりといへども、二仏1)の中間闇深く、闘諍堅固の恐れはなはだし。ひま行く駒、早く移り、羊の歩み、屠所に近付けば、終り今日とも知らず、明日とも知らず。何の他念かはあるべき。立ちても居ても、煩悩の敵(あた)のために繋縛(けばく)せられたることを悲しみ。寝ても覚めても、無常の剣(つるぎ)のたちまちに命を絶たむこと、恐るべきぞかし。

しかるを、むなしく塵灰(ちりはひ)となるべき限りの身を思ふとて、露の間の貴賤を憂へ、心を悩まし、名利をわしる。ただ、かの蕀をよきけむ人とこそ思え侍れ。

大方、ひを虫の朝(あした)に生まれて、夕べに死ぬる習ひも、必ず、みなこれわが身の上にあり。天の中に命短かき四天王天を聞けば、この世の五十年をもつて一日一夜とせり。わが国の、命長しといふ人、わづかに、この天の一日二日にこそは当るらめ。いはんや、上ざまの天に比ぶれば、ただ時の間といふべし。かかればとて、いづこかは、われらがひを虫を思へるに異なる。

もろもろのこと、かくのごとく言はば、とてもかくてもありぬべきこの世なり。ただ、かの、「夢の中の有無は、有無ともに無なり。まどひの前の是非は、是非ともに非なり」と言へるが、めでたきことはりにて侍るなり。

されば、禅仁といふ三井寺の名僧の法印になりたりける時、人喜び言ひたりける返りごとは、「かの六欲四禅の王位に見えたる所なり。この小国辺鄙の位、なんぞ愛するに足らん」とこそ言ひたりけれ。智恵はなほかしこきものなり。

大方、凡夫の習ひ、いやしくつたなきことも、身の上をば知らず。このゆゑに、乞食かたゐ、名聞を具せり。めでたく、やむごとなきこととても、また、わが分に過ぎぬれば、望む心なし。民の王宮を願はざるがごとし。

今、これを思ひとくには、濁れる末の世の人、極楽を願はぬは極めたることはりなり。かの国のありさま、衆生の楽しみ、ことにつけ、ものにふれて、何かはわれらが分になずらへたる。みな、心も言葉も及ばぬことどもぞかし。

しかあれば、もし、悲願を聞きて、信をもおこし、いささか望む心もあらむ人は、この世一つのことにあらず。生々世々に勤めたりける余波(なごり)として、いかにも近付けることと、頼もしく思ふべきなり。

翻刻

  乞児物語事
或上人ノ物ヘマカリケル道ニ乞児三人計ユキツレタリ
ケルガ。ヲノガ友物語スルヲキケハ。独ガ云フ様。アフミハ
ユユシキ運者カナサカノマジラヒシテイマダ三年ニ
ダニミタヌニ宝鐸ユリタルハ難有事ゾカシト云ヘバ。今
一人ガ云ク其ハ別ノ果報ノ人ゾ。口キタナクテ云ベカラス
ト云。是ヲキキテコソ我ガサマヲ仏菩薩ノ事ニフレテ
ハカナク見給フラン事。オモヒシラレテ哀ニハヅカシクオ
ボヘ侍リシカト語リキ。又或人カタヰナカニ行テ。イヤシ
キ家ニヤドヲカリテトマリケルニ。此家ノ主ヲ見レバ。年/n24r
八十余ニヤアラン。頭ハ雪ノ如クシテ膚クロク。シハタタミ目
タタレ口スケウテ腰ハ二重ニカガマリテ立居ル度ニ大キニ
クルシウイカニモ今日明日ノ事ニコソト。イトヲシク覚ヘ
テ是ヲススメテ云様。ナンヂ老セマリテ残命今イク
バクカハアラン。行歩モカナハザレバ人ニマジルニツケテモ苦シ
カラン。今ハ出家ウチシテ念仏申シテ。ノドカニイタレカ
シ。サラバ後世ノタノシミモ可然ノミニアラズ身モヤスカ
ラント云。翁ノイフ様。誠ニ今ハサヤウニコソ仕ルヘキヲ。
成ベキツカサノ一侍ニヨリテ。タエヌ身ニ老ノ力ヲハゲ
ミテカクマデツカヘ侍ルナリ。我ヨリモ今三年カコノカミ/n24l
ナル翁上臈ニテ侍リ。カレ人マネ仕リナム後ハ必ラス其
ツカサニ罷成ベケレバ。ソレマデマチ侍ルナリト云ケル。サ
ヤウノ者ノ成ツカサ思ニサバカリコソハアルラメ。其事ニ
執ヲトメテ。今ヤ今ヤトマボリヲリケン罪フカク哀ニコ
ソ侍レ。但シ是ラヲ打キケバ。愚ナルヤウナレド。能思ヘバ
此世ノ望ミ高モイヤシキモ道同シ。我ラガイミジク
思ヒナラハセル司位モ是ヲ上ヅカタニナラブレバ翁カ
望ニコトナラズ。況ヤ天竺震旦ノ国王大臣ノアリサマ
ナドハ喩テモ云ベカラズ。又或人云治承ノ比世中ミダ
レテ人ヲホク亡ウセ侍リシ時。カタキノ方ノ人ヲ捕テ/n25r
頸ヲキリニ出マカルトテ。ノノシリアヘルヲ見レバ。コトヨロ
シキ者ニコソ。サスガニ由アリテ見ユルヲ情ナクユユシゲ
ニシテ。ヲヰタチテ行。地獄絵ニカケル鬼人ニコトナ
ラズ。アナ心憂ヨモ現心アラジト哀ニイトヲシク見
ユル程ニ。道ニ蕀ノアルヲフマジトテ。ヨキテ行ントスル
ヲ見ル人ナミダ落テ云ク。カバカリノメヲミテ今イク
時アルベキ身ナレバ蕀ヲフマジト思フラント。ハカナク
悲ミアヘリ。是又人ノ上カハ我ラ世ノスヱニ及ヒテ命
ミジカク果報ツタナキ時ワヅカニ人界ニ生レタリ
トイヘドモ二仏ノ中間ヤミフカク。闘諍堅固ノヲソレ/n25l
ハナハダシ。ヒマ行駒ハヤクウツリ。羊ノ歩屠所ニチカヅケハ
ヲハリ今日トモ不知明日トモシラズ。何ノ他念カハ有
ベキ。立テモ居テモ煩悩ノアタノ為ニ繋縛セラレタル
事ヲ悲ミ。寝テモ覚テモ無常ノツルギノ忽ニ命ヲ
タタム事オソルベキゾカシ。然ルヲムナシク塵灰トナルベ
キ限ノ身ヲ思フトテ露ノマノ貴賤ヲウレヘ心ヲナヤマ
シ名利ヲワシル。只カノ蕀ヲヨギケム人トコソ覚ヘ侍レ。
大方ヒヲ虫ノ朝ニ生テ夕ニ死ヌル習モ必ス皆コレ我身
ノウヘニ有。天ノ中ニ命ミジカキ四天王天ヲキケバ。此
世ノ五十年ヲ以テ一日一夜トセリ。我国ノ命ナガシ/n26r
ト云人ワツカニ此天ノ一日二日ニコソハアタルラメ況ヤ
上サマノ天ニクラブレバ只時ノマト云ベシ。カカレバトテ。
イヅコカハ我等ガヒヲ虫ヲ思ヘルニコトナル。諸ノ事
如此イハバ。トテモカクテモ有ヌベキ此世ナリ。只彼
夢ノ中ノ有無ハ有無トモニ無ナリ。マドヒノ前ノ是
非ハ是非トモニ非ナリトイヘルカ。目出度コトハリニテ
侍ルナリ。サレバ禅仁ト云フ三井寺ノ名僧ノ法印ニナ
リタリケル時人ヨロコビイヒタリケルカヘリ事ハ彼六欲
四禅ノ王位ニ見ヘタル所ナリ。此小国辺鄙ノ位ナンゾ
愛スルニタラントコソイヒタリケレ。智恵ハ猶カシコキ/n26l
モノ也大方凡夫ノ習イヤシクツタナキ事モ身ノウヘ
ヲハ不知此故ニ乞食カタヒ名聞ヲクセリ。目出度止
事無コトトテモ又我分ニ過ヌレバ望ム心ナシ。民ノ王宮
ヲネガハザルカ如シ。今コレヲ思トクニハ。濁レル末ノ世ノ
人極楽ヲネガハヌハキハメタルコトハリ也。彼国ノアリサマ
衆生ノ楽ミ事ニツケ物ニフレテ。ナニカハ我等ガ分ニナ
ズラヘタル。ミナ心モコトバモ及バヌ事ドモゾカシ。然アレバ
若悲願ヲキキテ信ヲモヲコシ。聊ノソム心モアラム人ハ。
此世一ノ事ニアラズ。生々世々ニツトメタリケル余波
トシテ。イカニモ近ケル事ト。タノモシク思フベキナリ/n27r
1)
釈迦如来と弥勒菩薩
text/hosshinju/h_hosshinju5-12.txt · 最終更新: 2017/06/14 23:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa