Recent changes RSS feed

発心集

第五第9話(56) 成信・重家、同時に出家する事

校訂本文

兵部卿致平親王1)の御子成信中将2)と、堀川右大臣3)の子にて重家の少将4)と聞こえける人、時にとり世にとりて、たぐひなき若人(わかひと)なりければ、照る中将、光る少将とて、同じさまにぞ言はれ給ひける。この二人、同じ時に心を発して、世を背かんことを言ひ合はせ給ふ。心ざしは一つなれど、発心のおこりは異りけり。

少将は、時の一の人5)の重くわづらひ給ひけるに、そのかげに隠れたる人の、憂へあるさまを受けとり給ふべき方の、御ゆかりの人の気色(けしき)などを見給ひけるに、「惜しむもそねむも、心憂き習ひなり」と思しけるより、おのづから厭ふこととなりにけり。

中将は斉信6)・公任7)・俊賢8)・行成9)など聞こえて、いみじかりける人々、陣の座にて、朝のさだめども、折り折り才覚を吐きて、いみじかりけるを立ち聞きて、「司(つかさ)・位(くらゐ)は、『高く昇らん』と思はば、身の恥を知らぬにこそありけれ。この人々には、いかにも及ぶべくもあらず。さて、世にありては、いかにかはせん。かの世を願ふべかりけり」と思ひ取り給ひけるなり。

この二人、その日と定めて、「三井寺の慶祚阿闍梨のもとへ行き会はん」と契り給へり。重家の君、遅く見えければ、夜に入るまで待ちかねて、「おのづから思ひわづらふことのあるなめり」と本意(ほい)なく思しながら、一人、阿闍梨の室(しつ)に至りて、「頭(かしら)おろさん」と聞こゆ。

阿闍梨、「あたらしき御様なるのみにあらず、名高くおはするの身なれば、便なく侍りなむ」とて、いなび申しければ、あからさまに立ち出づる様にて、みづから髪を切りて、「かくなむまかりなりたる」とありける時ぞ、ゆひかひなくて、許し聞こえける。

かくて、暁、帰らんとし給ひける時、露にそぼぬれつつ、重家少将おはしたり。「いかに、遅は。夜更くるまで待ち奉りしかど、『もし、ためらひ給ふことなどの侍るか』とて、先になんつかまつりたる」とありければ、「さやうに契り聞こえて、いかでかは日をばたがへ侍らん。おとど10)に暇乞ひ奉らでは、罪得ぬべく思ひ給へて、ついでをはからひ侍りしかば、『日をたがへじ』とて、夜べ元結(もとゆひ)をば切り侍り」とてなむ、見せ給ひける。

中将は二十三、少将は二十五とぞ。さしもすぐれ、さるべき人だにもあたらしかるべきを、かく同じ心にて、形をやつし給ひつれば、阿闍梨、涙を落しつつ、かつは惜しみ、かつはあはれみけり。

この少将、まづ元結を切りて、やはらかぶりをして、暗きまぎれに、父の大臣に暇を乞ひ給ひければ、おのづからその気色(きしよく)やあらはれたりけん、「いかに言ふとも、とまるべき様にも見えざりしかば、えとどめずなりにき」とぞ、のたまひける。

また、多武峰の入道高光少将11)は、兄の一条の摂政12)の、ことにふれつつあやまり多くおはしけるを見給ひて、「世にあるは恥がましきことにこそ」とて、これより心を発し給ひけるとなむ。

人の賢きにつけても、愚なるにつけても、まことの道を願ふ頼りとなりにけんこそ、げにあらまほしく侍れ。

翻刻

  成信重家同時出家事
兵部卿致平親王ノ御子成信中将ト堀川右大臣
ノ子ニテ重家ノ少将トキコエケル人時ニトリ世ニト/n19r
リテ。類ナキ若人ナリケレバ。テル中将。ヒカル少将。トテ
同シサマニソイハレ給ヒケル。此二人ヲナジ時ニ心ヲ発
シテ世ヲ背カン事ヲイヒ合セ給フ。心サシハ一ナレト
発心ノヲコリハ異ナリケリ。少将ハ時ノ一ノ人ノオモク
ワヅラヒ給ヒケルニ。ソノカゲニカクレタル人ノ憂アル
サマヲウケトリ給フベキ方ノ御ユカリノ人ノケシキ
ナドヲ見給ヒケルニ。ヲシムモソネムモ心ウキ習ナリ
トオボシケルヨリ。ヲノヅカライトフ事トナリニケリ。
中将ハ斉信。公任。俊賢。行成ナド聞ヘテイミジカリ
ケル人々陣ノ座ニテ朝ノサダメドモ折々才覚ヲハキ/n19l
テ。イミジカリケルヲタチキキテ。司位ハ高ク昇ラント
思ハバ。身ノ恥ヲ知ヌニコソアリケレ。此人々ニハイカニモ
及フベクモアラズ。サテ世ニ有テハ何ニカハセン彼世ヲ
願フベカリケリト思トリ給ケル也此二人ソノ日ト
定メテ三井寺ノ慶祚阿闍梨ノモトヘ行アハント契
給ヘリ。重家ノ君オソク見ヘケレバ。夜ニ入ルマデ待カ
ネテ。ヲノヅカラ思ワヅラフ事ノアルナメリト本意ナ
クオボシナガラ。独阿闍梨ノ室ニイタリテ。カシラヲ
ロサント聞ユ阿闍梨アタラシキ御様ナルノミニ非ス
名高クヲハスルノミナレバ。ビンナク侍リナムトテ。イナヒ/n20r
申ケレバ白地ニ立出ル様ニテミヅカラ髪ヲキリテカ
クナム罷成タルトアリケル時ゾ云甲斐ナクテ許キ
コヘケル。カクテ暁帰ラントシ給ヒケル時。露ニソホヌレ
ツツ重家少将ヲハシタリ。イカニ遅ハ夜フクルマデ待タ
テマツリシカト。若タメラヒ給フ事ナドノ侍カトテ。
サキニナン仕リタルト有ケレバ。サヤウニ契リ聞ヘテイ
カデカハ日ヲバタガヘ侍ラン。ヲトドニ暇乞奉ラデハ罪
ヱヌベク思給テ。ツヰデヲハカラヒ侍シカバ。日ヲタガヘシ
トテ夜部モトユヒヲハ切侍リトテナム見セ給ヒケル
中将ハ廿三。少将ハ廿五トゾ。サシモスグレ。サルベキ人ダニ/n20l
モ。アタラシカルベキヲ。カク同シ心ニテ形ヲヤツシ給ヒツ
レバ阿闍梨ナミダヲ落シツツ且ハオシミ且ハ哀ミケリ。此
少将先モトユヒヲキリテ。ヤハラカブリヲシテ。クラキマ
ギレニ父ノ大臣ニ暇ヲ乞給ヒケレバ。ヲノヅカラ其気色
ヤアラハレタリケン。イカニ云トモトマルベキ様ニモ見ヘ
ザリシカバ。ヱトドメズナリニキトソノ給ヒケル。又多武
峯ノ入道高光少将ハ兄ノ一条ノ摂政ノ事ニフレツツア
ヤマリ多クオハシケルヲ見給ヒテ。世ニアルハ恥ガマシキ
事ニコソトテ自是心ヲ発シ給ヒケルトナム。人ノカシ
コキニツケテモ。愚ナルニツケテモ実ノ道ヲネガフタヨリ/n21r
ト成ニケンコソ。ゲニアラマホシク侍レ/n21l
1)
村上天皇皇子
2)
源成信・永円
3)
藤原顕光
4)
藤原重家・一条院
5)
藤原道長
6)
藤原斉信
7)
藤原公任
8)
源俊賢
9)
藤原行成
10)
父の顕光
11)
藤原高光
12)
藤原伊尹
text/hosshinju/h_hosshinju5-09.txt · 最終更新: 2017/06/13 23:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa