Recent changes RSS feed

発心集

第三第8話(33) 蓮花城、入水の事

校訂本文

近ごろ、蓮花城といひて、人に知られたる聖ありき。

卜蓮法師1)あひ知りて、ことにふれ、情けをかけつつ過ぎけるほどに、年ごろありて、この聖の言ひけるやうは、「今は年にそへつつ弱くなりまかれば、死期(しご)の近付くこと疑ふべからず。終り正念にてまかり隠れんこと、極まれる望みにて侍るを、心の澄む時、入水(じゆすい)をして、終り取らんと侍る」と言ふ。卜蓮、聞き驚きて、あるべきことにもあらず。『今一日なりとも、念仏の功を積まん』とこそ願はるべけれ。さやうの行は、愚痴なる人のするわざなり」と言ひて、いさめけれど、さらにゆるぎなく思ひかためたることと見えければ、「かく、これほど思ひ取られたらんに至りては、留むるに及ばず。さるべきにこそあらめ」とて、そのほどの用意なんど、力を分けて、もろともに沙汰しけり。

つひに、桂川の深き所に至りて、念仏高く申し、時経て水の底に沈みぬ。その時、聞き及ぶ人、市のごとく集まりて、かつは貴(たつと)み、悲しぶことかぎりなし。卜蓮は、「年ごろ見なれたるものを」と、あはれに思えて、涙を押さへつつ帰りにけり。

かくて、日ごろ経るままに、卜蓮、物の怪めかしき病をす。あたりの人、怪しく思ひて、こととしけるほどに、霊(れい)現はれて、「ありし蓮花城」と名乗りければ、「このこと、げにと思えず。年ごろあひ知りて、終りまでさらに恨みらるべきことなし。いはんや、発心のさま、なほざりならず、貴くて終り給ひしにあらずや。かたがた、何のゆゑにや、思はぬさまにて来たるらん」と言ふ。

物の怪の言ふやう、「そのことなり。よく制し給ひしものを、わが心のほどを知らで、いひかひなき死にをして侍り。さばかり、人のためのことにもあらねば、『そのきはにて、思ひ返すべし』とも思えざりしかど、いかなる天魔のしわざにてありけん、まさしく水に入らんとせし時、たちまちに悔しくなんなりて侍りし。されども、さばかりの人中に、いかにしてわが心と思ひ返さん。『あはれ、ただ今制し給へかし』と思ひて、目を見合はせたりしかど、知ぬ顔(がほ)にて、『今は、疾く疾く』ともよほして、沈みてん恨めしさに、何の往生のことも覚えず。すずろなる道に入りて侍るなり。このこと、わが愚かなる過(とが)なれば、人を恨み申すべきならねど、最期に『口惜し』と思ひし一念によりて、かく詣で来たるなり」と言ひける。

これこそ、げに宿業と思えて侍れ。かつはまた、末の世の人の誡(いましめ)となりぬべし。人の心、はかりがたきものなれば、必ずしも、清浄・質直の心よりもおこらず。あるいは、勝他名聞にも住し、あるいは憍慢嫉妬をもととして、愚かに、「身灯・入海するは、浄土に生まるるぞ」とばかり知りて、心のはやるままに、かやうの行を思ひ立つことし侍りなん。すなはち、外道の苦行に同じ。大きなる邪見と言ふべし。

そのゆゑに、火・水に入る苦しみ、なのめならず。その心ざし、深からずは、いかが耐え忍ばん。苦患あれば、また心安からず。仏の助けより外には、正念ならんこと、極てかたし。

中にも、愚なる人のことぐさまで、「身灯はえせじ。水にはやすくしてん」と申し侍るめり。すなはち、よそ目なだらかにて、その心知らぬゆゑなるべし。ある聖の語りしは、「かの水に溺れて、すでに死なんとつかまつりしを、人に助けられて、からうじて生きたること侍りき。その時、鼻・口より水入りて、責めしほどの苦しみは、『たとひ地獄の苦なりとも、さばかりこそは』と思え侍りしか。しかるを、人の、水を安きことと思へるは、いまだ水の人殺す様を知らぬなり」と申し侍りし。

ある人のいはく、「もろもろの行ひは、みな、わが心にあり。みづから勤めて、みづからが知るべし。よそには、はからひがたきことなり。すべて、過去の業因も、未来の果報も、仏天加護もうち傾(かたむ)きて、わが心のほどを安くせば、おのづから推し量られぬべし。かつがつ、一ことを顕す。もし、人、仏道を行なはんために、山林にもまじはり、一人壙野(くわうや)の中にもをらん時、なほ身を恐れ、寿(いのち)を惜しむ心あらば、必ずしも、仏、擁護(おうご)し給ふらんとは頼むべからず。垣・壁をもかこひ、遁るべきかまへをして、みづから身を守り、病を助けて、やうやう進まんことを願ひつべし。もし、ひたすら『仏に奉りつる身ぞ』と思ひて、虎・狼来たりて犯すとも、あながちに恐るる心なく、食ひ物絶えて餓ゑ死ぬとも、憂(うれ)はしからず思ゆるほどになりなば、仏も必ず擁護し給ひ、菩薩も聖衆も来たりて、守り給ふべし。法の悪鬼も、毒獣も、便りを得べからず。盗人は念を起して去り、病は仏力によりて癒えなん。これを思ひ分かず、心は心として浅く、仏天の護持を頼むは、危ふきことなり」と語り侍りし。このこと、さもと聞こゆ。

翻刻

  蓮花城入水事
近比蓮花城ト云テ人ニ知レタル聖アリキ卜蓮法師/n16l
アヒ知テ事ニフレ情ヲカケツツ過ケル程ニ年比アリテ此
聖ノ云ケル様ハ。今ハ年ニソヘツツヨハクナリ罷レバ。死期ノ近
付事疑ベカラズ。ヲハリ正念ニテ罷カクレン事極レル望ミ
ニテ侍ルヲ心ノスム時入水ヲシテ。ヲハリ取ント侍ルト云卜
蓮聞驚テ可有事ニモ非ズ今一日ナリトモ念仏ノ功ヲ
積ントコソ願ハルベケレ。サ様ノ行ハ愚痴ナル人ノスルワザ也
ト云テ。イサメケレド更ニユルギナク思ヒ堅タル事ト見ヘケ
レバ。カク是程思取レタランニ至テハ留ムルニ不及サルベキニ
コソアラメトテ其程ノ用意ナンド力ヲ分テ。モロトモニ沙
汰シケリ終ニ桂河ノ深キ所ニ至テ念仏タカク申シ。時ヘ/n17r
テ水ノ底ニ沈ミヌ其時聞及フ人市ノ如ク集リテ且ハ
貴ミ悲フ事限ナシ卜蓮ハ年ゴロ見ナレタル物ヲト
哀ニ覚テ涙ヲ押ツツ帰ニケリ。カクテ日比フルママニ卜蓮
物ノケメカシキ病ヲス。アタリノ人アヤシク思テ。コトトシケ
ル程ニ霊アラハレテアリシ蓮花城ト名ノリケレバ此事
ゲニト覚ヘズ。年コロ相シリテヲハリマテ更ニ恨ラルベキ事
ナシ況ヤ発心ノサマナヲザリナラズ貴クテヲハリ給ヒシニ
非スヤ。カタカタ何ノ故ニヤ思ハヌサマニテ来ルラント云フ物
ノケノ云ヤウ其事也ヨク制シ給ヒシ物ヲ我心ノ程ヲ
シラデ云甲斐ナキ死ニヲシテ侍リ。サバカリ人ノ為ノ事/n17l
ニモアラネバ其キハニテ思カヘスベシトモ覚ヘザリシカド。イ
カナル天魔ノシワザニテ有ケン。マサシク水ニ入ントセシ時
忽ニクヤシクナンナリテ侍シ。サレドモサバカリノ人中ニ
イカニシテ我心ト思カヘサン。哀タタ今制シ給ヘカシト
思テ目ヲ見合タリシカド。知ヌガホニテ今ハトクトクト
モヨヲシテ沈テン恨メシサニ何ノ往生ノ事モヲボヘズ。
ススロナル道ニ入テ侍ル也。此事我愚ナル過ナレハ人ヲ
恨申ベキナラネド。最期ニ口惜ト思シ一念ニヨリテ。カク
マウデ来ルナリト云ケル是コソゲニ宿業ト覚ヘテ侍
レ且ハ又末ノ世ノ人ノ誡トナリヌベシ。人ノ心ハカリガタ/n18r
キ物ナレバ必シモ清浄質直ノ心ヨリモヲコラズ或ハ勝他
名聞ニモ住シ或ハ憍慢嫉妬ヲモトトシテ。ヲロカニ身灯
入海スルハ浄土ニ生ルルゾト計シリテ。心ノハヤルママニ加様
ノ行ヲ思立事シ侍リナン則外道ノ苦行ニヲナジ大
ナル邪見ト云ベシ。其故ニ火水ニ入。クルシミナノメナラズ
其心ザシ深カラズハ如何カタエ忍バン。苦患アレバ又心ヤス
カラズ仏ノ助ヨリ外ニハ正念ナラン事極テ堅シ。中ニモ
愚ナル人ノコトクサマデ身灯ハエセジ水ニハ安シテント申
侍メリ則余所目ナダラカニテ其心シラヌユヘナルベシ或
聖ノ語シハ彼水ニヲボレテ既ニ死ナント仕シヲ人ニ/n18l
助ラレテ。カラウシテイキタル事侍リキ。ソノ時ハナ口ヨ
リ水入テ責シ程ノクルシミハ。タトヰ地獄ノ苦ナリトモ
サバカリコソハト覚ヘ侍リシカ。然ヲ人ノ水ヲ安事ト思
ヘルハ未ダ水ノ人殺ス様ヲシラヌ也ト申侍リシ。或人ノ云
諸ノ行ヒハ皆我心ニアリ。ミツカラ勤テ自カ知ヘシ余所
ニハハカラヒ難キ事也都テ過去ノ業因モ未来ノ果報
モ仏天加護モウチ傾キテ我心ノホドヲ安セバ。ヲノヅ
カラヲシハカラレヌベシ且々一コトヲ顕ス若人仏道ヲ行
ナハン為ニ山林ニモマジハリ。ヒトリ壙野ノ中ニモヲラン
時猶身ヲ恐レ寿ヲ惜心アラバ必シモ仏擁護シ給/n19r
ラントハ憑ベカラズ。カキカベヲモカコヰ遁ベキカマヘヲ
シテ。自ラ身ヲ守リ病ヲタスケテ。ヤウヤウススマン事
ヲ願ツベシ若ヒタスラ仏ニ奉リツル身ゾト思テ。虎ヲ
ホカミ来リテ犯ストモ。アナガチニ恐ルル心ナク食物
タエテウエ死ヌトモ。ウレハシカラズ覚ル程ニナリナバ仏モ
必ズ擁護シ給菩薩モ聖衆モ来リテ守リ給フベシ
法ノ悪鬼モ毒獣モ便ヲ得ベカラズ。ヌス人ハ念ヲ起シ
テサリ。病ハ仏力ニヨリテイヱナン。是ヲ思ワカズ心ハ心ト
シテアサク。仏天ノ護持ヲタノムハ。アヤウキ事也トカ
タリ侍リシ。此事サモトキコユ/n19l
1)
神宮文庫本「登蓮法師」
text/hosshinju/h_hosshinju3-08.txt · 最終更新: 2017/05/07 12:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa