Recent changes RSS feed

発心集

第二第5話(17) 仙命上人の事 并びに覚尊上人の事

校訂本文

近ごろ、山1)に、仙命聖人とて、貴き人ありけり。その勤め、理観を旨(むね)として、常に念仏をぞ申しける。

ある時、持仏堂にて、観念する間に、空に声ありて、「あはれ。貴きことをのみ観じ給ふものかな」と言ふ。怪しみて、「誰(た)そ、かくはのたまふぞ」と問ひければ、「われは、当所の三聖2)なり。発心し給ひし時より、日に三度、あまがけりて、守り奉るなり」とぞ答へ給ひける。

この聖、さらに自ら朝夕(てうせき)のことを知らず。一人使ひける小法師、山の坊ごとに、一度廻りて、一日の餉(かれひ)を乞うて養ひけるほかには、何も人の施(せ)を受けざりけり。時の后の宮、願をおこして、「世に勝れて、貴からん僧を供養せん」と心ざして、あまねく尋ね給ひけるに、この聖のやむごとなき由(よし)を聞き給ひて、すなはち、御みづから布袈裟を縫ひ給ひて、「ありのままに言はば、よも受けじ」と思して、とかくかまへて、この小法師に心を合はせてなむ、「思ひがけぬ人の、賜はせたりつる」とて、奉りければ、聖、これを取りて、よくよく見て「三世の仏、得給へ」とて、谷へ投げ捨ててげれば、いふかひなくてやみにけり。

おほかた、人の乞ふもの、さらに一つ惜しむことなかりけり。板敷(いたじき)の板をほしがる人のありければ、わが房の板を二三枚はなして、取らせたりける間に、東塔の鎌倉に住む覚尊聖人、得意にて、夜暗き時来たりけるが、板敷の板の無きことを知らずして、落ち入る間に、「あな、かなし」と言ひけるを聞きて、「御房は不覚の人かな。もし、さてやがて死なむこともかたかるべき身かは。『あな、かなし』と言ふ終りの言やはあるべき。『南無阿弥陀仏』とこそ申さめ」なんど言ひける。

この仙命上人、かの覚尊が住む鎌倉へ行きたりけるに、とみのことありて、客人を置きながら、「きと外(ほか)へ行く」とて、急ぎ出づる人の、さらに内へ返り入つて、やや久しくものをしたためければ、あやしうて、出でてのち、跡を見給ふに、万(よろづ)の物に、ことごとく封を付けたり。この聖、思ふやう、「いと心悪きしわざかな。よも歩(あり)きのたびに、かくしもしたためじ。われを疑ふ心にこそ。はや返れがし。このことを恥ぢしめむ」と言ふ。

かく思ひたるほどに、返り来たれり。思ひまうけたることなれば、見付くるや遅しと、このことを言ふ。覚尊のいはく、「つねに、かくしたたむるにあらず。また、人の物を取るを惜しむにもあらず。されども、御房のおはすれば、かく取りおさめ侍るなり。その故(ゆゑ)は、もし、これらいささかも失せたることあらば、凡夫なれば、みづから御房を疑ひ奉る心のあらんことの、いみじう罪障ありぬべく思えて、わが心の疑はしさになむ。何(なに)ばかりのものをかは、惜しみ侍らん」とぞ言ひける。

かくて、「鎌倉の聖、先に隠れぬ」と聞きて、「必ず往生しぬらむ。物に封付けしほどの、心のたくみなれば」とぞ、仙命聖人は言ひけれ。

そののち、夢に覚尊に会へり。まづ初めの言葉には、「いづれの品(ほん)ぞ」と問ひければ、「下品下生(げぼんげしやう)なり。それだにも、ほとほとしかりつるを、御房の御徳に、往生とげたるなり。日ごろ、橋を渡し、道を作りし行ばかりにては、かなはざらまし。御勧めによりて、時々念仏をせしかば」とぞ言ひける。

またいはく、「仙命、往生はかなひなむや」と問ふ。「そのこと疑ひなし。はやく、上品上生(じやうぼんじやうしやう)に定まり給へり」と言ふとぞ、見えたりける。

翻刻

  仙命上人事(并覚尊上人事)
近来山ニ仙命聖人トテ貴キ人アリケリ。其勤メ理
観ヲ旨トシテ常ニ念仏ヲソ申ケル。有時持仏
堂ニテ観念スル間ニ空ニ音アリテ。アハレ貴キ事ヲ
ノミ観シ給フ物哉ト云。アヤシミテ誰カクハノ給ゾト
問ケレバ。我ハ当所三聖也。発心シ給シ時ヨリ日ニ
三度アマカケリテ守リ奉ル也トゾ答給ケル。此聖
更ニ自ラ朝夕ノ事ヲ不知。一人ツカヒケル小法師
山ノ坊ゴトニ一度廻テ一日ノカレイヲ乞テ養ケ
ル外ニハ何モ人ノ施ヲ受サリケリ。時ノ后ノ宮願/n10l
ヲ発テ。世ニ勝テ貴カラン僧ヲ供養セント心サシテ。
アマネク尋ネ給ヒケルニ。此聖ノヤム事ナキ由ヲ聞
給ヒテ。即御自ラ布袈裟ヲヌイ給テ。有ノママニ云ハハ
ヨモ受シト覚シテ。トカクカマヘテ此小法師ニ心ヲ
合セテナム思カケヌ人ノ給ハセタリツルトテ奉リケレバ。
聖是ヲ取テ能々ミテ三世ノ仏得給ヘトテ谷ヘナケ
ステテゲレバ。云カヒナクテヤミニケリ。大方人ノ乞物更
ニ一ヲシム事ナカリケリ。板シキノイタヲホシカル人ノ有ケ
レバ。我房ノ板ヲ二三枚ハナシテ取セタリケル間ニ。東
塔ノ鎌倉ニスム覚尊聖人トクヰニテ。夜クラキ時来/n11r
ケルガ板シキノ板ノナキ事ヲ知ラズシテ落入間ニアナカ
ナシト云ケルヲ聞テ御房ハ不覚ノ人哉。若サテヤカ
テ死ナム事モカタカルベキ身カハ。アナカナシト云ヲハリノ言
ヤハ有ヘキ。南無阿弥陀仏トコソ申サメナムド云ケル。此
仙命上人彼覚尊カ住鎌倉ヘ行タリケルニトミノ事
アリテ客人ヲオキナガラキト外ヘ行トテ急出ル人ノ
サラニ内ヘ返入テヤヤヒサシク物ヲシタタメケレバアヤシフ
テ出テ後跡ヲ見給フニ。万ノ物ニ悉ク封ヲ付タリ。
此聖思様イト心ワルキシワザ哉ヨモアリキノ度ニカク
シモシタタメシ我ヲ疑心ニコソ。ハヤカヘレガシ此事ヲ/n11l
ハチシメムト云。カク思タル程ニ返キタレリ。思マウケタル
事ナレバ。見ツクルヤヲソシト此事ヲイフ。覚
尊ノ云ク常ニカクシタタムルニ非ス。又人ノ物ヲトルヲ惜
ニモ非ズ。サレトモ御房ノヲハスレバ。カクトリヲサメ侍ヘル
也。其故ハ若此等イササカモウセタル事アラハ凡夫ナレバ
自ラ御房ヲ疑ヒ奉ル心ノ有ラン事ノイミジフ罪
障アリヌベク覚ヘテ。我心ノ疑ハシサニナム何ハカリノ物
ヲカハ惜ミ侍ラントソ云ケル。カクテ鎌倉ノ聖サキニ隠
レヌト聞テ。必往生シヌラム物ニ封付シ程ノ心ノタクミ
ナレバトソ仙命聖人ハ云ケレ。其後夢ニ覚尊ニアヘリ。/n12r
先初ノ詞ニハ何レノ品ソト問ケレバ。下品下生也其タニ
モホトホトシカリツルヲ。御房ノ御徳ニ往生トゲタルナリ。
日比橋ヲワタシ道ヲツクリシ行バカリニテハ叶ハサラ
マシ。御ススメニヨリテ時々念仏ヲセシカバトソ云ケル。又
云仙命往生ハ叶ヒナムヤト問。其事ウタカヒナシ。ハヤク
上品上生ニ定マリ給ヘリト云トゾ見タリケル/n12l
1)
比叡山延暦寺
2)
釈迦如来・阿弥陀如来・薬師如来
text/hosshinju/h_hosshinju2-05.txt · 最終更新: 2017/04/15 13:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa