Recent changes RSS feed

平中物語

第37段 またこの男一つをの家に従姉妹どもぞよき女どもにてある・・・

校訂本文

また、この男、一つをの家に、従姉妹(いとこ)どもぞ、よき女どもにてある。

初めはよろしとも見ざりけるを、いとよく生ひ出でにければ、かの男、心をつけて、「いかならむ折に、ものを言はむ」と思ふに、若菰(わかこも)のあるを、女、取りまさぐりけるを見て、

  沼水に君は生ひねど刈る菰の目に見す見すも生ひまさるかな

女、返し。

  刈る菰の目に見る見るぞうとまるる心浅香の沼に見ゆれば

とは言ふものか。

翻刻

かくことはそやまたこのをとこひとつを
のいゑにいとこともそよき女とんにてある
はしめはよろしともみさりけるをいとよく
おひいてにけれはかのおとこ心おつけて
いかならんをりにものをいはんとおもふにわかこ
ものあるを女とりまさくりけるをみて
  ぬま水にきみはおひねとかるこものめに
  見す見すもおひまさるかな
    女かへし
  かるこものめにみるみるそうとまるるここ
  ろあさかのぬまにみゆれは/58オ
とはいふものかまたこのをとこいちといふ所に/58ウ
text/heichu/heichu37.txt · 最終更新: 2017/01/27 13:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa