Recent changes RSS feed

平中物語

第34段 またこの男忍びたるものからはやむまと思はぬ人の・・・

校訂本文

また、この男、忍びたるものから、はやむまと思はぬ人の、的(まと)思ひに思ひて、住むぞありける。

この男の住みける間に、こよなう勝りたる人などに、もの聞こゆる気色見えけり。それを、この先立(さいた)て住みける男も入りてありける宮なりければ、気色に疑ひつつ、この女を恨み言ひけり。

されど、この今からもののたまふ男は、上にも褻(け)にも、心にまかせて交り歩(あり)く人なれば、え守り合ふべくもあらぬほどに、口惜しきこと、会ひにける。

また、さらぬ顔作りてぞ、この男は語らひける。この男、はた、え1)言ふまじきやうにぞありければ、女をぞ、ひたみちに「つらし」と思ひける。

さて、この初めの男の言種(ことぐさ)に、「逢坂(あふさか)」といふことを言ひければ、「逢坂」をぞ付けたりける。それを思ひて、かくぞ言ひやりける。

  逢坂とわが頼みくる関の名を人守る山と今は変ふるか

返し。

  逢坂は関といふことに高ければ君守る山と人をいさめよ

とて、いみじうあらがひたりければ、また、男、

  偽りをただすの森の木綿襷(ゆふだすき)かけて誓へよわれを思はば

と言ひたれど、「里へ出でぬ」とて、返り事もせざりければ、男、思ひ憂じて、また、ものも言はで、そのころ経(へ)ける。

さて、この男、時々行く所ありけるに、ほのぼのと明くるほどにぞ帰りける。この、かう言ふ女の家のあたりより行きけるに、「『里へ』と言ひしはまことか」とて、「ものの気色も見む」と思ひ放(はな)たで、門(かど)の内の方に、車など引き立てて、この品(しな)高き男の供なる男どもなど、あまた立てりけり。そのかみ、もの言はで、奥にはひ入りて隠れ立ちて見れば、女、蔀(しとみ)押し上げて、かの高き人をぞ出だしける。

この男、「かう、うつつに見つることの心憂きこと」と思ひて、世に知らず心憂かりけれど、「もの一言をだに言はむ。さても、『はた、見けり』とこそは思はれめ」とて、板敷の端に立ち寄りて、声高く、「あな、おもしろの花や」と言へば、この女、奥へも入り果てざりければ、あやしがりて、さしのぞきたり。

見合はせて、「いかでかは、ここにかうは」と言へば、「この前栽(せんざい)の花の、目に見す見す移ろふ、見果てになむ参り来つる」とぞ言ひける。

その屋の前に、桜のいとおもしろく咲きて、春の果てがたにやありけむ、散りけり。それを見て、男、

  あらはなることあらがふな桜花春を限りと散るは見えつつ

と言ひて、ふと出でて行きければ、「えこそ、しばしや」と言ひけれど、「いとかう憂し」と思ひて止まらざりければ、しひて、かくなん、

  色に出でてあだに見ゆとも桜花風し吹かずは散らじとぞ思ふ

と言へりけれど、「ものへ出でぬ」とて、返り事もせざりけり。

さて、かののち2)に住みける高き男も、このもとの男の、女の3)家に入り代りけるを、見ける人なん語りければ、「さは、今も住みけり」と思ひて絶えにける。

翻刻

又このおとこしのひたるものからはやむまと
おもはぬ人のまとおもひに思ひてすんそあ
りけるこのおとこのすみけるあいたにこよな
うまさりたる人なとにものきこゆる気色
みえけりそれをこのさいたてすみける男/48ウ
もいりてありける宮なりけれは気色
にうたかひつつこの女をうらみいひけりされと
このいまからもののたまふおとこは上にもけ
にも心にまかせてましりありく人なれは
えまもりあふへくもあらぬほとにくちをしき
ことあひにけるまたさらぬかほつくりてそこ
のをとこはかたらひけるこの男はたへいふまし
きやうにそありけれは女おそひたみちにつら
しとおもひけるさてこのはしめのおとこのこと
くさにあふさかといふことをいひけれはあふさかを
そつけたりけるそれをおもひてかくそいひ/49オ
やりける
  あふさかとわかたのみくるせきのなを
  人もる山といまはかうるか
    かへし
  あふさかはせきといふことにたかけれは
  きみもるやまと人をいさめよ
とていみしうあらかひたりけれは又男
  いつはりをたたすのもりのゆふたすき
  かけてちかへよわれをおもはは
といひたれとさとへいてぬとてかへり事も
せさりけれはおとこおもひうして又物も/49ウ
いはてそのころへけるさてこのおとこときとき
いくところありけるにほのほのとあくるほとに
そかへりけるこのかういふ女のいゑのあたりよ
りいきけるにさとへといひしはまことかとてものの
けしきも見んとおもひはなたてかとのうち
のかたにくるまなとひきたててこのしなた
かき男のともなるおとこともなとあまた
たてりけりそのかみものいはてをくに
はひいりてかくれたちてみれは女しとみをし
あけてかのたかき人をそいたしけるこの男
かううつつに見つることの心うき事と思ひて/50オ
よにしらす心うかりけれともの一ことをたに
いはむさてもはた見けりとこそはおもはれ
めとていたしきのはしにたちよりて
こゑたかくあなおもしろのはなやといへは
この女おくへもいりはてさりけれはあや
しかりてさしのそきたりみあはせて
いかてかはここにかうはといへはこのせんさい
の花のめに見す見すうつろふ見はてにな
むまいりきつるとそいひけるそのやのま
へにさくらのいとをもしろくさきて春のはてか
たにやありけんちりけりそれをみて男/50ウ
  あらはなることあらかふなさくら花春を
  かきりとちるは見えつつ
といひてふといててゆきけれはえこそしは
しやといひけれといとかううしとおもひてとま
らさりけれはしゐてかくなん
  いろにいててあたに見ゆとんさくらはな
  風しふかすはちらしとそおもふ
といへりけれとものへいてぬとてかへり事も
せさりけりさてかのちちにすみけるたかき
おとこもこのもとのおとこの女いへにいりかはり
けるをみける人なんかたりけれはさはいまも/51オ
すみけりとおもひてたえにけるまた男/51ウ
1)
底本「へ」
2)
底本「かのちち」
3)
底本「の」なし。
text/heichu/heichu34.txt · 最終更新: 2017/01/24 15:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa