Recent changes RSS feed

平中物語

第32段 またこの男言ひみ言はずみもの言ひすさぶる人ありけり・・・

校訂本文

また、この男、言ひみ言はずみもの言ひすさぶる人ありけり。さのみ、ものはかなくて、ありわたる。おのづから年月経にけり。

男、音(おと)せねば、女のもとより、霜月1)の一日(ついたち)の日、言ひたる。「年は幾年(いくとせ)にかなりぬる」と言ひたるに、あやしがりて、数へければ、三年(みとせ)といふ一日の日にぞありける。

古(いにしへ)の言の譬ひのあらたまの年の三年に今日こそはなれ

返し。

旧(ふ)りにける年の三年を改めてわが世のことと三千年(みちとせ)を待て

男、

心よりほかに命のあらざらは三千年をのみ待ちは過ぐさじ

と言ひて、この男、「いと久しきことの譬ひに過ぎぬべし。なほ、よそにてだに、いかでもの言はむ」とぞ言ひやりける。女は、われと人やりて、「や、よそにても会ふべき。この春・夏過ぐることをだに憎し。かつ、ことにして秋を」とぞ、言ひおこせたりける。

男。

会ふ道に天の河原を渡ればやことの契りに秋を頼むる

返し。

秋までと人を頼むる言の葉は露に移らぬ色ことにせむ

男、返し。

露移る紅葉散らずは秋待てと言ふ言の葉を何かわびまし

女、いかが思ひけむ。相語らひにけり。

翻刻

さてすさひてやみにけり又このおとこい
ひみいはすみものいひすさふる人ありけ
りさのみものはかなくてありわたるおの
つからとし月へにけりおとこをとせねは女
のもとよりしもつきのついたちのひいひたる/46ウ
としはいくとせにかなりぬるといひたるに
あやしかりてかそへけれはみとせといふつい
たちの日にそありける
  いにしへのことのたとひのあらたまのと
  しのみとせにけふこそはなれ
    かへし
  ふりにけるとしのみとせをあらためて
  わかよのこととみちとせをまて
おとこ心よりほかにいのちのあらさらはみち
とせをのみまちはすくさしといひてこの
男いとひさしきことのたとひにすきぬへし/47オ
なをよそにてたにいかてものいはんとそいひ
やりける女はわれとひとやりてやよそにても
あふへきこの春なつすくることをたににく
しかつことにして秋をとそいひをこせたり
けるをとこ
  あふみちにあまのかはらをわたれはやこ
  とのちきりに秋をたのむる
    かへし
  あきまてと人をたのむることのはは露
  にうつらぬいろことにせん
おとこかへし/47ウ
  露うつるもみちちらすはあきまてと
  いふことのはをなにかわひまし
女いかか思ひけんあひかたらひにけり又この/48オ
1)
底本「しもつき」だが、内容上不適切。「むつき(睦月)」または「ふつき(文月)」の誤写という説がある。
text/heichu/heichu32.txt · 最終更新: 2017/01/17 14:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa