Recent changes RSS feed

平中物語

第31段 またこの男人ともの言ひけり・・・

校訂本文

また、この男、人ともの言ひけり。ことに心に入れても思はぬことなれば、言ひさして、ものも言ひやらでありければ、女、「などか訪れぬ」と言ひけり。

  祝部(はふりべ)の注連(しめ)やかき分けいひてけむ言の葉をさへわれに忌まるる

男、返し。

  木綿襷(ゆふだすき)かけてはつねに思へども問ふ言忌(こといみ)の注連はいはぬを

さて、すさびてやみにけり。

翻刻

となむかへしまさりなりける又このをとこ
人とものいひけりことにこころにいれても思は
ぬことなれはいひさしてものもいひやらてあり/46オ
けれは女なとかおとつれぬといひけり
  はうりへのしめやかきわけいひてけん
  ことの葉をさへ我にいまるる
おとこかへし
  ゆふたすきかけてはつねにおもへとも
  とふこといみのしめはいはぬを
さてすさひてやみにけり又このおとこい/46ウ
text/heichu/heichu31.txt · 最終更新: 2017/01/14 18:58 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa