Recent changes RSS feed

平中物語

第30段 またこの男仏に花奉らむとて山寺に詣でけり・・・

校訂本文

また、この男、「仏に花奉らむ」とて、山寺に詣でけり。

住む隣に、をかしきたはぶれこと言ひかはす人、かれもこれも、門(かど)より出で合ひて、男がり、女、「いづちぞ」と言ひおこせたりければ、「紅葉(もみぢ)濃き山へなむ」とて、

  散るをまたこきや散らさむ袖広げ拾ひや止めむ山の紅葉を

「いかがはせむ。のたまはむに従はむ」と言へば、女、

  わが袖と付くべきものと一つ手に1)山の紅葉よ余りこそせめ

となむ。返し勝りなりける。

翻刻

人にもしられてあひかたらひける又この男
仏に花たてまつらむとて山てらにまうてけ
りすんとなりにおかしきたはふれこといひ
かはす人かれもこれもかとよりいてあひて/45ウ
おとこかり女いつちそといひおこせたり
けれはもみちこきやまへなんとて
  ちるをまたこきやちらさむそてひろ
  けひろいやとめん山のもみちを
いかかはせんのたまはむにしたかはむといへは
女
  わかそてとつくへきものと人つてに山
  のもみちよあまりこそせめ
となむかへしまさりなりける又このをとこ/46オ
1)
底本「人つてに」
text/heichu/heichu30.txt · 最終更新: 2017/01/14 18:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa