Recent changes RSS feed

平中物語

第26段 また男忍びて知れる人ありけり人しげき所なれば夜も明けぬ先に・・・

校訂本文

また、男、忍びて知れる人ありけり。人しげき所なれば、夜も明けぬ先に、「人の静まれる折に」とて、帰り出でたるに、まだ暗きほどなれば、「いかで帰らむ」と思へど、いとかたかりければ、門(かど)の前に渡したる橋の上に立ちて、言ひ入る。

  夜半に出でて渡りぞかぬる涙川淵とながれて深く見ゆれば

と言ひ入れたれば、女も寝(ね)でぞ起きたりける。返し。

  小夜中に遅れてわぶる涙こそ君が渡りの淵となるらめ

男、「いとあはれ」と思ひて、「また、もの言ひ入れむ」と思へど、大路に人などありければ、たてらで1)帰りにけり。

翻刻

ん又おとこしのひてしれる人ありけり
人しけきところなれはよもあけぬさきに/37ウ
人のしつまれるおりにとてかへりいてたるに
またくらきほとなれはいかてかへらむとおもへと
いとかたかりけれはかとのまへにわたしたるは
しのうゑにたちていひいる
  よはにいててわたりそかぬるなみたかは
  ふちとなかれてふかくみゆれは
といひいれたれは女もねてそおきたりける
かへし
  さよなかにおくれてわふるなみたこそき
  みかわたりのふちとなるらめ
をとこいとあはれとおもひて又ものいひいれんと/38オ
おもへとおほちに人なとありけれはたて
てかへりにけりこのおとこ又はかなきもののた/38ウ
1)
影印「ら」字見えず。
text/heichu/heichu26.txt · 最終更新: 2017/01/03 22:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa