Recent changes RSS feed

平中物語

第24段 またこの男親近江なる人にいと忍びて住みけり・・・

校訂本文

また、この男、親、近江なる人に、いと忍びて住みけり。

さる間に、この女の親、気色をや見けん、口説(くぜ)ち、まもり、いさかひて、日も少し暮るれば、門(かど)差してうかがひければ、女は思ひさはり、男、会ふよしもなくて、からうじて築地(ついひぢ)を越えて、この男、入りにけり。

常にもの言ひ伝へさする人に、たまさかに会ひにけり。さて、それして、「築地を越えてなむ参り来つる」と言はせけるを、親、気色見て、いみじく騒ぎののしりければ、「さらに対面(たいめん)すべくもあらず。はや帰りね」とぞ言ひ出だしたりければ、「行く先はともかくもあれ、つゆにても『あはれ』と思はるるものならば、今宵帰りね」と、せちに言ひ出だしたりける。

「帰る」とて、男、

  みるめなみ立ちやかへらむあふみぢは名のみ海なる浦と恨みて

とて帰りぬ。

また、女、返し。

  関山の嵐の風の寒ければ君にあふみは波のみぞ立つ

さりけれど、この男、いらへをだにせずなりにけり。

何の身の高きにもあらず、親、かく憎げに言ふ。めざまし。女も親につつみければ、さてやみぬ。

翻刻

とまりにけりのちいかかなりにけん又
このをとこおやあふみなる人にいとしのひ
てすみけりさるあいたにこの女のおやけ/30オ
しきをやみけんくせちまもりいさ
かひてひもすこしくるれはかとさし
てうかかひけれは女はおもひさはりおとこ
あふよしもなくてからうしてついひちを
こえてこのをとこいりにけりつねにもの
いひつたへさする人にたまさかにあひにけり
さてそれしてついひちをこえてなむまい
りきつるといはせけるをおや気色みて
いみしくさわぎののしりけれはさらにたい
めんすへくもあらすはやかへりねとそ
いひいたしたりけれはゆくさきは/30ウ
ともかくもあれつゆにてもあはれとおも
はるるものならはこよひかへりねとせちに
いひいたしたりけるかへるとておとこ
  見るめなみたちやかへらむあふみちは
  なのみうみなるうらとうらみて
とてかへりぬ又女かへし
  せきやまのあらしの風のさむけれは
  きみにあふみはなみのみそたつ
さりけれとこのおとこいらへをたにせす
なりにけりなにの身のたかきにもあ
らすおやかくにくけにいふめさまし女も/31オ
をやにつつみけれはさてやみぬまたこの/31ウ
text/heichu/heichu24.txt · 最終更新: 2016/12/28 13:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa