Recent changes RSS feed

平中物語

第23段 またこの男知れる人ありけりそれにこの男久しくえ会はぬ・・・

校訂本文

また、この男、知れる人ありけり。それに、この男、「久しくえ会はぬ。来(こ)」など言ひやりたれば、いとをかしき友達ぞ率(ゐ)て来たりける。

この率て来たりける友達、「送りはしつ。今は帰りなむ」と言ひければ、「今宵ばかりは、今宵ばかりは1)、なほ留まり給ひね」。「あな、むくつけ。こは何しに」と言ふものから、言ひたる。

  難波潟(なにはがた)おきても行かむ葦田鶴(あしたづ)の声ふり出でてなきも留めよ

男、返し。

  難波江の潮満つまでになく田鶴をまた行かなればおきて行くらむ

「あな、そらごと。露だに置かざめるものを」とは言ひけれど、いかがありけん。その夜留まりにけり。のち、いかがなりにけむ。

翻刻

やみにけり又このおとこしれる人ありけ
りそれにこのおとこひさしくえあはぬこ
なといひやりたれはいとをかしきともたち
そゐてきたりけるこのゐてきたりけ
るともたちおくりはしついまはかへりなむと
いひけれはこよひはかりはこよひはかりは
なをととまりたまひねあなむくつけこは/29ウ
なにしにといふものからいひたる
  なにはかたおきてもゆかんあしたつの
  こゑふりいててなきもととめよ
おとこかへし
  なにはえのしほみつまてになく
  たつをまたいかなれはおきてゆくらん
あなそらこと露たにおかさめるものを
とはいひけれといかかありけんその夜と
とまりにけりのちいかかなりにけん又/30オ
1)
衍文か。
text/heichu/heichu23.txt · 最終更新: 2016/12/27 12:09 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa