Recent changes RSS feed

平中物語

第21段 この同じ男のもとに国経の大納言のみもとより・・・

校訂本文

この同じ男のもとに、国経の大納言1)のみもとより、いささかなることのたまへるに、「返り事聞こゆ」とて、おもしろき菊にぞ付けたりける。

さりければ、いかなることをか書いたりけむ。たちかへり、また、のたまへる。

  みよを経てふりたる翁杖突きて花のありかを見るよしもがな

とありければ、返し。

  玉鉾(たまぼこ)に君し来寄らば浅茅生(あさぢふ)にまじれる菊の香(か)はまさりなん

翻刻

とてたてまつりけるこのおなしおとこ
のもとにくにつねの大納言のみもとより/26ウ
いささかなる事のたまへるにかへり事
きこゆとておもしろききくにそつけ
たりけるさりけれはいかなることをかか
いたりけんたちかへり又のたまへる
  みよをへてふりたるおきなつゑつき
  てはなのありかをみるよしもかな
とありけれはかへし
  たまほこにきみしきよらはあさち
  ふにましれるきくのかはまさりなん/27オ
1)
藤原国経
text/heichu/heichu21.txt · 最終更新: 2016/12/24 12:53 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa