Recent changes RSS feed

平中物語

第20段 またこの男院の御門召して御前に菊を植ゑさせ給はむ・・・

校訂本文

また、この男、院の御門1)、召して、「御前に菊を植ゑさせ給はむ。おもしろき菊奉れ」と仰せ事承りてまかづるに、また召し返して、「その奉らむには、言付け奉らずは、納め給はじ」とありければ、かしこまりて、まかでて、かくなん、

  秋をおきて時こそありけれ菊の花うつろふからに色のまされば

とて、奉りける。

翻刻

けるくちをしくしらせてやみにけり又/26オ
このおとこ院のみかとめして御前にき
くをうゑさせたまはんおもしろききく
たてまつれとおほせ事うけたまはりて
まかつるに又めしかへしてそのたてまつらむ
にはことつけたてまつらすはおさめたまは
しとありけれはかしこまりてまか
ててかくなん
  あきをおきてときこそありけ
  れきくのはなうつろふからに色のまされは
とてたてまつりけるこのおなしおとこ/26ウ
1)
宇多法皇
text/heichu/heichu20.txt · 最終更新: 2016/12/24 11:37 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa