Recent changes RSS feed

平中物語

第19段 またこの男の家には前栽好みて作りければ・・・

校訂本文

また、この男の家には、前栽好みて作りければ、おもしろき菊など、いとあまたぞ植ゑたりける。間をうかがひて、月のいと明きに、女ども集り来て、前栽どもなど見て、花の中にいと高きにぞ付けて言ひける。

  行き難(が)てにむべしも人はすだきけり花は花なる宿にぞありける

とてぞ、みな帰りける。

さりければ、この男、「もし、来て取りもやする」とて、花の中に立ててぞ、

  わが宿の花は植ゑしに心あれば守る人なみ人となすにて

とぞ、書きて立てりける。

「取りにや来る」と、うかがはせ1)けれど、たゆみたるにぞ、取りてける。口惜しく、知らせでやみにけり。

翻刻

なく人のいゑとうしにそなりにける又この
おとこのいゑにはせんさいこのみてつくり
けれはおもしろききくなといとあまた
そうゑたりけるまをうかかひて月のい
とあかきに女とんあつまりきてせんさいとも
なと見てはなのなかにいとたかきにそ/25ウ
つけていひける
  ゆきかてにむへしも人はすたきけり
  はなは花なるやとにそありける
とてそみなかへりけるさりけれはこの男
もしきてとりもやするとてはなのなかに
たててそ
  わかやとのはなはうゑしに心あれはま
  もる人なみひととなすにて
とそかきてたてりけるとりにやくるとう
かかはけれとたゆみたるにそとりて
けるくちをしくしらせてやみにけり又/26オ
1)
底本「せ」なし。
text/heichu/heichu19.txt · 最終更新: 2016/12/24 11:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa