Recent changes RSS feed

平中物語

第17段 またこの男をかしきやうにて得たる女ありけり・・・

校訂本文

また、この男、をかしきやうにて得たる女ありけり。得て三・四日ばかりあるに、障ることのありければ、え行かで、いたう思ひいとほしがりて、月のおもしろかりける夜、かの女の家に行きて、「いつしか」と馬より下り走りて、庭を見入るれば、前栽(せんざい)のもとに、みな女ども交れり。

かかりければ、この男、をかしきやうに思ひて、歩み寄りてあれば、この女ども、うち騒ぎて、みな板敷に上りぬ。男は、「われに隠るべき人こそは」と思ひて、前栽の中に立ちやすらひけり。

かかりけるに、くそたち来けり。「わがもとに来るなめり」と、この男は見立てりけるに、男のもとには来で、薄(すすき)の、いとむららかにて、おもしろきがもとに行きて、とばかり帰らざりければ、あやしさに、みそかに草隠れにうかがひ寄りて、法師をぞ隠し据ゑたりける。そがもとに、もの言ひやるにぞありける。

さりければ、いとみそかに立てりける所にぞ、「などか、さてはものし給ふ。早う来や」と言ひたりければ、「今、参り来む。この前栽の、いとおもしろく、くまぐましき見るなり」と言ひてぞ立てりけるに、そこの法師のがり、間どもなく人やる。

この男の思ふやう、「捕へさせやせまし」と思ひけれど、「わが来る事、いくばくもあらず。もとから来る人にもしこあれ。また、わがのちにても、かう心憂き人により、けしからず『さ』とや言はれん」など思ひ、たゆたひけるほどに、「はや、こなたに、こなたに」と、この男立てるを呼び据ゑて、「すかさむ」と思しき1)さまに、たばかりて言はせけれど、この、呼びに来たりける人の「筆に墨塗りて来(こ)」と言ひたれば、さて持て来たり。

懐紙(ふところがみ)に、かかることを書きて、「これをまづ奉り給へ。あはれ、忘れ給ふなよ」とて、取らせたりける。

  穂に出(で)ても風に騒ぐか花薄(はなすすき)いづれの方になびきはてむと

と言ひて、返り事も聞かで、ふと出でにけり。

男は、かぎりなく憂じて、そのままに、ものも言はず。

翻刻

とそいひけるのちはいかかなりにけん又この
をとこおかしきやうにてえたる女ありけりえて
三四日はかりあるにさはることのありけれ
はえいかていたうおもひいとほしかりてつきの
おもしろかりけるよかの女のいゑにいきていつし
かとむまよりおりはしりてにわを見いるれは/22オ
せんさいのもとにみな女とんましれりかかりけ
れはこのをとこおかしきやうにおもひてあゆみよ
りてあれはこの女とんうちさわきてみないた
しきにのほりぬ男は我にかくるへき人こそ
はとおもひてせんさいの中にたちやすらひけり
かかりけるにくそたちきけりわかもとにくる
なめりとこのおとこは見たてりけるに男
のもとにはこてすすきのいとむららかにて
おもしろきかもとにいきてとはかりかへらさり
けれはあやしさにみそかに草かくれにう
かかひよりてほうしをそかくしすゑたり/22ウ
けるそかもとにものいひやるにそありけ
るさりけれはいとみそかにたてりけるとこ
ろにそなとかさてはものしたまふはやうこ
やといひたりけれはいままいりこむこのせ
むさいのいとおもしろくくまくましきみるなり
といひてそたてりけるにそこのほうしのか
りまとんなく人やるこのをとこのおもふや
うとらへさせやせましとおもひけれとわか
くる事いくはくもあらすもとからくる人にも
しこあれ又わかのちにてもかう心うき人に
よりけしからすさとやいはれんなとおもひた/23オ
ゆたひけるほとにはやこなたにこなたにとこの男
たてるをよひすへてすかさ□□□ほしき
さまにたはかりていはせけれとこのよひに
きたりける人の筆にすみぬりてこといひ
たれはさてもてきたりふところかみにかかる
ことをかきてこれをまつたてまつり給へ
あはれわすれたまふなよとてとらせたりける
  ほにてても風にさはくかはなすすきいつ
  れのかたになひきはてんと
といひてかへり事もきかてふといてにけり
男はかきりなくうしてそのままにものもい/23ウ
はす又このおとこもののたよりにいとさた/24オ
1)
影印「すかさ□□□ほしき」と三字判読不能。
text/heichu/heichu17.txt · 最終更新: 2016/12/20 17:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa