Recent changes RSS feed

平中物語

第16段 またこの男もののたよりに聞きわたる人ありけり・・・

校訂本文

また、この男、もののたよりに、聞きわたる人ありけり。「その人ぞ1)」とは、この男にもの 言ふ人は友達にて、「もの何にても言ひわづらひ、まめやかに男のために苦しかるべきことを言ふ」と聞きて、からうじて言ひつきにけり。

さて、ほどなく会ひにけり。さて、つとめて、女。

  音にのみ人のわたると聞きし瀬をわれも逃れずなりにけるかな

返し、男。

  渡り川いかでか人の逃るべき音にのみやは2)聞かむと思ひし

とぞ言ひける。のちはいかがなりにけむ。

翻刻

又このおとこもののたよりにききわたる人
ありけりその人そとはこのおとこにもの
いふ人はともたちにてものなににてもいひ
わつらひまめやかにおとこのためにくるしかるへ
きことをいふとききてからうしていひつきに
けりさてほとなくあひにけりさてつとめて女/21ウ
  をとにのみ人のわたるとききしせを我
  ものかれすなりにけるかな
    かへしおとこ
  わたりかはいかてか人ののかるへきおとにのみや
  きかむとおもひし
とそいひけるのちはいかかなりにけん又この/22オ
1)
「ぞ」は衍字か。
2)
影印「は」見えず。
text/heichu/heichu16.txt · 最終更新: 2016/12/20 12:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa