Recent changes RSS feed

平中物語

第12段 またこの男なほざりにもの言ふところありけり。・・・

校訂本文

また、この男、なほざりにもの言ふところありけり。

夏の夜の、月いとおもしろきに、「来む」と言へりければ1)、女、言ひやる。

  ほととぎすいづれの里を見ざりけむあまたふる巣と聞けば頼まず

男、返し。

  鳴きふる巣里やありけんほととぎすわが身ならぬをいかが答へむ

とのみ言ひやりて、やみにけり。

翻刻

にけなしといひけれはいひやみにけりまた
このおとこなをさりにものいふところあり
けり夏の夜の月いとをもしろきにこむとい
いへりけれは女いひやる
  ほとときすいつれのさとを見さりけむ
  あまたふるすときけはたのます
をとこかへし
  なきふるすさとやありけんほとときす
  わか身ならぬをいかかこたへん/19オ
とのみいひやりてやみにけりこのおとこ/19ウ
1)
底本「いいへりけれは」。「い」は衍字とみて削除。
text/heichu/heichu12.txt · 最終更新: 2016/12/17 17:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa