Recent changes RSS feed

平中物語

第11段 またこの男人ともの言ふに返り事はするものから・・・

校訂本文

また、この男、人ともの言ふに、返り事はするものから、会はでほど経ければ、男。

  われのみや燃えて帰らむ世とともに思ひも1)ならぬ富士の嶺(ね)のこと

女、返し。

  富士の嶺のならぬ思ひも燃えば燃え神だに2)消たぬむなし煙(けぶり)を

また、男、返し。

  神よりも君は消たなん誰(たれ)により生々し身の燃ゆる思ひぞ

また、女、返し。

  かれぬ身を燃ゆと聞くともいかがせむ消ちこそ知らね水(みづ)ならぬ身は

かう歌も詠み、をかしかりけれど、まめやかに、「にげなし」と言ひければ、言ひやみにけり。

翻刻

又このおとこ人とものいふにかへり事はする/18オ
ものからあはてほとへけれはおとこ
  我のみやもえてかへらむよとともに思ひ
  おもひもならぬふしのねのこと
    女かへし
  ふしのねのならぬおもひももえはもゑ
  かたみにけたぬむなしけふりを
又おとこかへし
  神よりもきみはけたなんたれによりな
  まなましみのもゆるおもひそ
又女かへし
  かれぬ身をもゆときくとんいかかせむけ/18ウ
  ちこそしらねみつならぬ身は
かう哥もよみおかしかりけれとまめやかに
にけなしといひけれはいひやみにけりまた/19オ
1)
底本「思ひおもひも」。衍字とみて削除。
2)
底本「かたみに」
text/heichu/heichu11.txt · 最終更新: 2016/12/15 19:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa