Recent changes RSS feed

平中物語

第9段 またこの男音聞きに聞きならしつつ思ひいどむ人ぞありける・・・

校訂本文

また、この男、音聞きに聞きならしつつ、思ひいどむ人ぞありける。さりけれど、え言ひつかざりけるほどに、かの女、はた、この男を聞き、いどみて、かかることをぞ、まづ言ひたりける。

  心あだに思ひさだめず吹く風の大空者(おほそらもの)と聞くはまことか

と言ひたるを、「あやし」とは思ひながら、「いかで」と思ふところより、さ言ひに来たれば、喜びて、返し

 ただよひて風にたぐへる白雲(しらくも)の名をこそ空の者と言ふなれ

また、女、桜の花のおもしろきに付けて、

  まさぐらばをかしかるべき物にぞあるわが世久しく移らずもがな

男、返し。

  今年より春の心し変らずはまさぐられつつ君がか手にへむ1)

とぞ言ひたりけるを、「をかし」とや思ひけむ、「よそにても言はんことを聞かむ」などぞ言ひたる。されば、男、急ぎ来たれば、ものなど言ひて、その夜はよそながら帰りにけり。

朝(あした)に、女のもとより、

  吹く風になびく草葉とわれは思ふ夜半に置く露のきもかれずな

かかれば、「いと口惜しう契られぬること」と言ひて、男、返し。

  深山(みやま)なる松は変らじ風下(かざした)の草葉と名乗る君はかるとも

さて、暮れに来たり。明けぬれば帰りぬ。

かの女の親族(しぞく)、男見付けてけり。「さて、おのが目に、これより出でて去ぬるは」。女、「知らず。よにあらじ」。「よし、かうしあらば、この出でぬる男のもとに行きて問はむ」とぞ言ひける。ようあひ言ふなるにぞありける。さりければ、「そこにて問はんものぞ。今朝、出で給ひつるを見てけり。もし、聞きて問はば、かう答へよ」とて、言ひたる。

  ちはやぶる神てふ神も知らるらん風の音にもまだ知らずてへ2)

とてやりたる返り事。

  白河のしらずとも言はじ底清み流れてよよにすまむと思へば

となんありける。

さて、また、この男、行きて、また朝(あした)に、女、言ひたり。

  言の葉の人頼めなるうき露のおきて去ぬるぞ消えて恋しき

返し。

  あはれあはれおきて頼むな白露はおもひに草のはやかるるとぞ

かくて、ありわたるに、逍遥せまほしかりければ、難波の方へぞ行きける。そのほど、「たひらかにものし給へ。これは但馬の国より持て来たる、『たにもかく』といふものをやる」とて、

  片時の別れだにかくわびしきを

と言ひたれば、女、

  行き返るまにわれは消(け)ぬべし

「さらば」など言ひて、また、女、

  難波潟朝満つ潮の早く来ね淀まば水(み)の泡たへず消(け)ぬべし

男、返し。

  干る潮の満ちかへる間に消(け)ぬべくは何か難波のかたをだに見ん

と言ひて、難波へも行かず、あはれがりて留まりぬ。

さて、この心変るやうにしければ、

  あひ見てののちぞくやしさまさりけるつれなかりける3)心と思へば

とあるを見て、男、

  見てのみぞわれはもえ増す春山のよそのなげきを思ひつぎつつ

といらへど、なほ心ざしのおろかなるやうに見えければ、女、

  今よりは富士の煙(けぶり)も世に絶えじもゆる思ひの胸に絶えねば

男、返し。

  くゆる思ひ胸に絶えずは富士の嶺(ね)のなげきとわれもなりこそはせめ

さて、そのころ4)、ひさしく行かざりければ、男、いとほしがりて、またつとめて、かくなん。

  うちとけて君は寝ぬらんわれはしも露とおきゐて思ひ明かしつ

と言ひたるに、この女は、夜一夜(よひとよ)、ものをのみ思ひ明かして、ながめ居たるに、持て来たりける

  白露のおきゐて誰を恋ひつらむわれはききおはす石上(いそのかみ)にて

この女5)の住みける所をぞ、「石上」とはいひける。

翻刻

又このおとこをとききにききならしつつ
おもひいとん人そありけるさりけれと
えいひつかさりけるほとにかの女はたこの
おとこをききいとみてかかることをそまついひ
たりける
  心あたにおもひさためすふく風のおほ
  そら物ときくはまことか
といひたるをあやしとはおもひなからいかて
とおもふところよりさいひにきたれはよろこひ/14オ
てかへし
  たたよひて風にたくへるしらくもの
  なをこそそらのものといふなれ
又女さくらの花のおもしろきにつけて
  まさくらはおかしかるへき物にそある
  わかよひさしくうつらすもかな
おとこかへし
  ことしより春の心しかはらすはま
  さくられつつきみかてにつん
とそいひたりけるををかしとや思ひけむ
よそにてもいはんことをきかんなとそいひ/14ウ
たるされはおとこいそききたれはものなと
いひてその夜はよそなからかへりにけりあ
したに女のもとより
  ふく風になひく草はとわれはおもふ
  よはにおく露のきもかれすな
かかれはいとくちをしうちきられぬることと
いひておとこかへし
  みやまなる松はかはらしかさしたのく
  さはとなのるきみはかるとも
さてくれにきたりあけぬれはかへりぬかの
女のしそくおとこみつけてけりさておのかめに/15オ
これよりいてていぬるは女しらすよにあらし
よしかうしあらはこのいてぬるをとこのもと
にいきてとはむとそいひけるようあひいふ
なるにそありけるさりけれはそこにて
とはんものそけさいてたまひつるを見て
けりもしききてとははかうこたへよとていひたる
  ちはやふる神てふ神もしらるらん風の
  おとにもまたしらすらへ
とてやりたるかへりこと
  しらかはのしらすともいはしそこきよみ
  なかれてよよにすまんとおもへは/15ウ
となんありけるさてまたこのおとこいき
て又あしたに女いひたり
  ことのはの人たのめなるうき露の
  おきていぬるそきえてこひしき
    かへし
  あはれあはれおきてたのむなしらつゆは
  おもひにくさのはやかるるとそ
かくてありわたるにせうようせまほしか
りけれはなにはのかたへそいきけるそのほと
たひらかにものしたまへこれはたちまの国よ
りもてきたるたにもかくといふものをやるとて/16オ
  かたときのわかれたにかくわひしきを
といひたれは女
  ゆきかへるまに我はけぬへし
さらはなといひて又女
  なにはかたあさみつしほのはやくき
  ねよとまはみのあはたえすけぬへし
    おとこかへし
  ひるしほのみちかへるまにけぬへくは
  なにかなにはのかたをたに見ん
といひてなにはえもいかすあはれかりて
ととまりぬさてこの心かはるやうにし/16ウ
けれは
  あひみてののちそくやしさまさりけ
  るつれなりけるこころとおもへは
とあるを見ておとこ
  みてのみそ我はもえます春山の
  よそのなけきをおもひつきつつ
といらへとなを心さしのおろかなるやうに
みえけれは女
  いまよりはふしのけふりもよに
  たえしもゆるおもひのむねにたえねは
をとこかへし/17オ
  くゆるおもひむねにたえすはふし
  のねのなけきと我もなりこそはせめ
さてそのころさてそのころひさしくいかさ
りけれはおとこいとほしかりてまたつとめ
てかくなん
  うちとけてきみはねぬらん我はしも
  露とおきゐておもひあかしつ
といひたるにこの女はよひとよものをのみ
おもひあかしてなかめゐたるにもてきたり
ける
  白露のおきゐてたれをこひつらん/17ウ
  われはききおはすいその神にて
  の女のすみけるところをそいそのかみとは
いひける又このおなしをとこ女ともありけり/18オ
1)
「へむ」は底本「つん」
2)
「てへ」は底本「らへ」
3)
「つれなかりける」は、底本「つれなりける」
4)
底本、「さてそのころさてそのころ」と二回続く。衍字と見て削除。
5)
「この女」、影印に「こ」の字なし。翻刻及び諸注釈書に指摘がないので、印刷ミスか。
text/heichu/heichu09.txt · 最終更新: 2016/12/15 19:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa