Recent changes RSS feed

平中物語

第7段 さてこの男志賀寺に詣でて二月に行ひけり・・・

校訂本文

さて、この男、志賀寺1)に詣でて、二月に行ひけり。

かかるに、この男の局(つぼね)の前に、女ども、立ちさまよひけり。かかるに、この男、なほしも見で、「など、かくはさまよひ給ふ」と言へば、「夜更けにければ、局もなくてなむ、寄るべもなくてある」と言へば、「さらば、ここにやは宿り給はぬ」と言はせければ、「何の良きこと」と集まり来て、ただ、いささかなる物を隔てて、そこの男は居りける。

さて、ものなど言ふに、夜明けにけり。女ども、みな出でにければ、隠れ居たる所に、この男、かく言ひやる。

  むら鳥の騒ぎ立ちぬるこなたより雲の空をぞ見つつながむる

とある返し、女。

  はかなくて騒ぎ立ちぬるむら鳥は飛び帰るべき巣をぞ求むる

男、返し、

  巣を分きてわが待つものを飛ぶ鳥の何か行く方をさらに求むる

と言ひて、「いな、言ひ初めじ。うるさし」とて逃げにけり。されば、男もたづねで、やみにけり。

また、異局(ことつぼね)に、人いとあまた見ゆるを、え忍ばで言ひやる。雪のかき暗し降る日にぞありける。

  春山の嵐の風に朝またき散りてまがふは花か雪かも

とあれど、返り事はせず。また、男。

  問ひければ答へける名をさざ波の長等の山の2)山彦もせぬ

今度(こたみ)は返ししたり。

  さざ波の長等の山の山彦は問へど答へず主(ぬし)しなければ

ことなることなき人の、いと上衆(じやうず)めかしければ、ものも言はでやみにけり。

翻刻

とそくちあそひにいひけるさてこの
おとこしかまにまうてて二月におこなひ
けりかかるにこのおとこのつほねのまへ
に女とんたちさまよひけりかかるにこの
おとこなをしも見てなとかくはさまよ
ひたまふといへは夜ふけにけれはつほねも
なくてなんよるへもなくてあるといへはさら
はここにやはやとりたまはぬといはせけれは
なにのよきこととあつまりきてたたいささか/12オ
なるものおへたててそこのおとこはをり
けるさてものなといふに夜あけにけり
女ともみないてにけれはかくれゐたると
ころにこの男かくいひやる
  むらとりのさわきたちぬるこなたよ
  りくものそらをそ見つつなかむる
とあるかへし女
  はかなくてさわきたちぬるむらとりは
  とひかへるへきすをそもとんる
おとこかへし
  すをわきてわかまつものをとふとりの/12ウ
  なにかゆくゑをさらにもとんる
といひていないひそめしうるさしと
てにけにけりされは男もたつねてやみ
にけり又ことつほねに人いとあまたみゆるを
えしのはていひやるゆきのかきくらしふ
るひにそありける
  春山のあらしの風にあさまたきちり
  てまかふははなかゆきかも
とあれとかへりことはせす又おとこ
  とひけれはこたへけるなをささなみの
  なからやまのやまひこもせぬ/13オ
こたみはかへししたり
  ささなみのなからのやまの山ひこは
  とへとこたへすぬししなけれは
ことなることなき人のいと上すめかしけ
れはものもいはてやみにけり又この男/13ウ
1)
底本「しかま」
2)
底本「なからやまの」
text/heichu/heichu07.txt · 最終更新: 2016/12/13 00:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa