Recent changes RSS feed

平中物語

第5段 またこの男正月の一日の日雨のいたう降りてながめ居たるに・・・

校訂本文

また、この男、正月の一日の日、雨のいたう降りてながめ居たるに、友達のもとより、かくぞ言ひたる

  春雨にふりかはりゆく年月の年の積りや老いになるらん

さて、その友達の久しく訪れねば、男、また

  君が思ひ今は幾らに分くればかわれに残りの少なかるらむ

返し

  年ごとに歎きの数はそふれども誰にか分けん二心(ふたごころ)なし

翻刻

さてやみにけり又このおとこ正月のついたち
のひあめのいたうふりてなかめゐたる
にともたちのもとよりかくそいひたる
  春さめにふりかはりゆくとし月の/11オ
  としのつもりやおいになるらん
さてそのとんたちのひさしくおとつれね
は男又
  きみかおもひいまはいくらにわくれはか
  我にのこりのすくなかるらむ
    かへし
  としことになけきのかすはそふれとん
  たれにかわけんふた心なし/11ウ
text/heichu/heichu05.txt · 最終更新: 2016/12/10 14:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa